日本酒のだし割りカップ

スープ感覚で飲む日本酒「日本酒のだし割りカップ」が、12月8日から販売されています。トーヨービバレッジと三菱食品の共同開発商品。内容量200ml、想定価格は198円(税別)。

「だしBar」の出店や有名飲料メーカーの「和だし飲料」発売などにより、注目度がアップしている「だし」。今回登場する「日本酒のだし割りカップ」は、日本酒を味わい深いだしで割ることにより出来上がりました。

薄口醤油をベースに4つの合わせだしを使用したヤマサ醤油の白だしを使用し、旨味と酸味のある国産日本酒と白だしを1:3でブレンド。この絶妙なブレンド比率により、旨味や甘味が引き立ち、深みのあるまろやかな味わいに仕上げられています。アルコール度数は4%。

日本酒のだし割りカップ

寒い冬にカラダをポカポカ温めながらゆっくりとリラックスできるよう、温められる「電子レンジ対応カップ」を採用。大人の“スープ酒”を家庭で手軽に楽しめます。オススメの温め時間は500Wが70秒、600Wが60秒、1500Wが30秒。