くら寿司『旬の極み 大人寿司』

くら寿司の各店で、“大人メニュー”として登場する『旬の極み 大人寿司』から第1弾商品「瀬戸内ボラの炙り」と「はまちの胡麻醤油漬け」が12月4日に発売されました。12月17日までの販売、価格は各110円(税込)。

『旬の極み 大人寿司』は、旬の魚が持つうまみをより引き出しつつ、食の経験が豊富な大人客が満足できることを目指したメニュー。魚を知り尽くした“魚の伝道師”こと上田勝彦氏の監修のもと、国産天然魚の個性や風味を感じられるお寿司に仕上げられています。

「瀬戸内ボラの炙り」は、瀬戸内海で獲れた沖ボラを使用。“香魚”とも呼ばれ、魚独特の香りが特徴です。その個性を生かすため、「焼き切り」という調理法で皮を炙ることで、香りとうまみが引き出されています。さらにゆず胡椒をトッピングすることで、香りと辛みのアクセントをつけ、大人好みな味わいに。

くら寿司「瀬戸内ボラの炙り」
瀬戸内ボラの炙り

一方「はまちの胡麻醤油漬け」は、身の締まりがよくあっさりした味わいの天然ハマチを使用。天然ものの特徴であるあっさりした味わいを生かすため、九州の漁師がよく食べる「りゅうきゅう」(利休漬け)という調理法を応用。胡麻醤油や薬味で漬け込むことで、天然ハマチ本来のうまみが引き立てられています。

くら寿司「はまちの胡麻醤油漬け」
はまちの胡麻醤油漬け

また、同日より12月のフェア「本ずわいがにVS天然本まぐろ」も開催中。目玉商品の「特大 本ずわいがに(一貫)」をはじめ、「天然本まぐろ上赤身」や「こぼれかに二種盛り」などが期間限定で提供されます。

くら寿司「本ずわいがにVS天然本まぐろ」
「本ずわいがにVS天然本まぐろ」フェア