フレッシュネスに「THE GOOD BURGER(アボカド)」

ハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」で、植物由来の代替肉が使われたハンバーガー「THE GOOD BURGER」シリーズの第2弾として「THE GOOD BURGER(アボカド)」が11月18日から販売開始されます。

販売価格は550円(税込、以下同じ)。THE GOOD BURGERシリーズは、発芽大豆由来の植物肉を開発、製造するスタートアップであるDAIZの「ミラクルミート」が原料になった大豆パティと、糖質約45%カットの低糖質バンズが用いられています。

フレッシュネスに「THE GOOD BURGER(アボカド)」
THE GOOD BURGER(アボカド)

世界的な牛肉消費量増加に伴い温暖化や森林伐採などの環境汚染が問題視される中、環境保善の取り組みとして、おいしさにもこだわられ作られたメニューです。

第2弾となる今回はココナッツオイルが含まれる大豆パティと、ビタミンEを含むアボカドが1/2個使われ、スライスオニオンとグリーンカールとともにバンズにはさまれています。味付けにはフレッシュネスでも人気のごろっとたまごのタルタルソースが使われます。

なお第1弾「THE GOOD BURGER(テリヤキ)」も継続して販売されます。100%植物性由来の大豆パティがテリヤキソースにからめられ、低糖質バンズではさまれています。日本ならではの醤油麹をベースとしコクと奥行きのある味わいが特徴。販売価格は480円です。

フレッシュネスに「THE GOOD BURGER(テリヤキ)」
THE GOOD BURGER(テリヤキ)

いずれも原則として全国のフレッシュネスバーガーで取り扱われますが、一部店舗は対象外です。