ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

ゴディバのチョコレートが山田平安堂のお重に収められた「ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020」が期間、数量限定で販売されます。2020年11月11日から2021年1月7日に全国のゴディバショップおよびゴディバオンラインショップで取り扱われます。

ベルギー王室御用達のショコラティエであるゴディバと、宮内庁御用達の漆器店である山田平安堂のコラボレーション。日本とベルギー、2つの国を象徴するチョコレートに加え、ベルギーの王や王妃の名前を冠した粒が詰め合わされています。

パッケージに用いられるお重のデザインは、日本で昔から愛されてきた梅の花と、世界遺産に登録されたベルギーの首都ブリュッセル中心地の広場グランプラスが、GODIVAのロゴでつなぎ合わされたもの。2種類のセットが用意されます。

11粒入

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

「ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020(11粒入)」は1万2,100円(税込、以下同じ)。チョコレートを納めた山田平安堂謹製のお重がオリジナルロゴ入り風呂敷で包まれています。

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

21粒入

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

「ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020(22粒入)」は8,640円。漆黒のボックスに、チョコレートとともに山田平安堂謹製チョコレートプレートが詰め合わされています。

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

このプレートは裏面に山田平安堂のロゴ、表面は梅の花のモチーフが配された朱色の一枚。チョコレートをより引き立たせる器です。

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

なお、それぞれのセットに入っているチョコレートの主なフレーバーは次の通りです。

パオラ

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

「パオラ」は1993年~2013年の間、ベルギー王室のプリンスアルバートと、その伴侶でありプリンセスだったパオラの結婚を祝して作られたひと粒。キャラメル香るヘーゼルナッツプラリネがミルクチョコレートで包まれ、Gマークが刻印されています。

トリュフ エリザベス

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

「トリュフ エリザベス」は2001年、プリンセス エリザベス誕生のお祝いとして作られたひと粒。なめらかなキャラメルとホワイトチョコレートガナッシュの2層のフィリングがダーク&ホワイトチョコレートで包まれ、ブラウンシュガーで飾られています。

トリュフ ニッポン

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

「トリュフ ニッポン」は1972年、日本へのゴディバ初出店を祝って作られたひと粒が、2020年に現代風にアレンジされました。ゴディバが誇る伝統的なヘーゼルナッツプラリネに、カリッと軽やかな歯ごたえが心地よいライスパフが入れられ、ミルク&ダークチョコレートで包み、ヘーゼルナッツパウダーで飾られています。

トリュフ ベルジュ

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

「トリュフ ベルジュ」は2020年誕生。伝統的なベルギー菓子スペキュロスが使われ現代風のトリュフが作られています。シナモンが香るスペキュロスビスケットのムースがなめらかなミルクチョコレートで包まれ、ダークチョコレートのラインとスペキュロスビスケットのクランチで飾られています。

トリュフ マチルダ

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

「トリュフ マチルダ」はふうわりとしたガナッシュがダークチョコレートの中でとろけ、コーヒーの風味が心地よく広がる一品。印象的な「M」のハンドデコレーションは、1999年にマチルダ妃を迎えたフィリップ王子のロイヤルウェディングを祝したもの。14年後の2013年7月21日に2人はベルギー王、王妃として戴冠しています。

トリュフ フィリップ

ゴディバ W ロイヤルコレクション 2020

「トリュフ フィリップ」はフィリップ国王の名を冠したトリュフ。ゴディバ誕生90周年を祝して2016年に作られたもので、ダークチョコレートフォンダンがダークチョコレートで包まれ、さらにココアパウダーと紅茶パウダーでミックスコーティングされています。育成環境にこだわったインド産茶葉の華やかな香りがほのかに広がり、味わいに深みを加えます。