ほっともっと「すき焼き弁当」

持ち帰り弁当の「Hotto Motto(ほっともっと)」で、寒くなるこれからの季節に嬉しい「すき焼き弁当」と、牛肉を2倍にした「特すき焼き弁当」が11月24日に発売されます。

肌寒い季節の定番「すき焼き弁当」は、牛肉や木綿豆腐、白滝に白菜、玉ねぎ、長葱といった野菜をたっぷり合わせて特製のたれで煮込んだ弁当。すき焼きを煮込むたれは地域の好みに合わせ、東日本では濃口醤油がベースのすっきりした味付けに、西日本ではしっかりとした甘さを感じる味わいに仕上げられています。1日に必要とされる野菜量の半分を摂ることができる身体にやさしい一品( 厚生労働省「健康日本21(第二次)」では、野菜摂取量の目標を1日あたり平均350gとしています)。価格は590円(税込、以下同じ)。

ほっともっと「すき焼き弁当」

野菜だけでなく牛肉もたっぷり味わいたい人には、牛肉の量が2倍の「特すき焼き弁当」(790円)がおすすめ。好みに応じて、すき焼きと相性抜群の「生たまご」(60円)や、牛肉と野菜の旨味が染みた「うどん」(60円)も合わせて楽しむことができます。

ほっともっと「特すき焼き弁当」

「ほっともっと」では、お客と従業員の安全のために感染症対策を実施。弁当の注文から決済までができる「ネット注文」の利用が推奨されています。あらかじめ注文を済ませて来店する「受取予約」により、店舗滞在時間が短縮できます。