セブン「ずんだと白玉のパフェ」

セブン-イレブンのオリジナルスイーツ「ずんだと白玉のパフェ」を食べてみました。上から下までぎっしり「豆」を感じられる一品です。

セブン「ずんだと白玉のパフェ」

販売価格は300円(税込)で、カロリーは277kcal。ずんだの豆の粒感、風味を味わえるパフェ。てっぺんは白玉と黒豆、そしてずんだホイップで色鮮やかに飾られ、すぐ下に豆の食感を残した緑のずんだ餡が敷いてあり、さらにふわっとした白いホイップをはさんで、底にはなめらかなずんだプリンが詰められています。

セブン「ずんだと白玉のパフェ」

セブン「ずんだと白玉のパフェ」

黒豆はぷっくりとしてよく甘味が沁みていて、噛むと独特の香りも鼻をくすぐります。白玉はやわらかくみずみずしく、甘味はほのか。それぞれ、いろどりだけでなく、食感や風味の違いもよいコントラストになっています。

セブン「ずんだと白玉のパフェ」

ずんだホイップはやさしい豆の香りがつけられていますが、つぶつぶしたずんだ餡はより濃厚な「豆感」があって、ずんだ餅が好きな人がつい嬉しくなってしまうようなはっきりした個性が主張してきます。

セブン「ずんだと白玉のパフェ」

それでも、ずんだ餡の下にある淡白なホイップとの組み合わせで、くせがきつくならないよう和らげる工夫もしてあって、最後にやさしいずんだプリンを楽しむと、後味はふわっと穏やかに。

ずんだらしさを堪能できる作りになっている一方、ちゃんと洋菓子としても上手に仕上げられている印象です。飲み物を合わせるなら、緑茶やほうじ茶はもちろん、コーヒー、紅茶もお勧めです。