柿のおいしい保存方法!シャキッと食感を長期間キープ
熟しやすい「柿」のおいしい保存方法。簡単なひと手間で、シャキッと心地よい食感を2~3週間キープする方法をご紹介します。
原材料 柿、キッチンペーパー、ポリ袋
ツール なし
作業時間 10分
1. キッチンペーパーやティッシュなどを、柿のヘタを覆うサイズに折りたたむ。
2. キッチンペーパーやティッシュを水で濡らし、軽く絞って柿のヘタの上に置く。
3. 濡らしたキッチンペーパーやティッシュを固定するように、ラップで柿をぴっちり巻く。
4. ラップで包んだ柿をポリ袋に入れ、ヘタ側が下に来るようにして冷蔵庫の野菜室で保存する。

柿のおいしい保存方法

熟しやすい「柿」のおいしい保存方法。簡単なひと手間で、シャキッと心地よい食感を2~3週間キープする方法をご紹介します。

柿の保存方法

用意するもの

柿、キッチンペーパー、ポリ袋

ステップ1:キッチンペーパーやティッシュなどを、柿のヘタを覆うサイズに折りたたむ。キッチンペーパーなら1/2枚、ティッシュなら1枚を使用。

ステップ1 キッチンペーパーやティッシュなどを、柿のヘタを覆うサイズに折りたたむ。

ステップ2:キッチンペーパーやティッシュを水で濡らし、軽く絞って柿のヘタの上に置く。水滴が落ちない程度で、絞りすぎないように。

ステップ2 キッチンペーパーやティッシュを水で濡らし、軽く絞って柿のヘタの上に置く。

ステップ3:濡らしたキッチンペーパーやティッシュを固定するように、ラップで柿をぴっちり巻く。

ステップ3 濡らしたキッチンペーパーやティッシュを固定するように、ラップで柿をぴっちり巻く。

ステップ4:ラップで包んだ柿をポリ袋に入れ、ヘタ側が下に来るようにして冷蔵庫の野菜室で保存する。

ステップ4 ラップで包んだ柿をポリ袋に入れ、ヘタ側が下に来るようにして冷蔵庫の野菜室で保存する。

これでOK!2~3週間程度はシャキッと食感の良いまま保存できます。濡らしたキッチンペーパーやティッシュをヘタに当てるのは、柿がヘタの部分で呼吸しているため。湿ったキッチンペーパーやティッシュで覆うことで、時間経過にともないここから水分が蒸発していくのを防げるというわけです。