カフェ・オ・レになりたいコーヒー

輸入食品店で見つけた「カフェ・オ・レになりたいコーヒー」。“カフェ・オ・レになりたい”という想いを主張するユニークかつ明解な商品名に惹かれて購入しました。

販売元はクライスカフェジャパン。クライスカフェの生みの親であるDEK社は、ヨーロッパ有数のコーヒーメーカー。最高級のコーヒー豆をインスタントコーヒーヘと加工するために設立されました。

「カフェ・オ・レになりたいコーヒー」は、牛乳と混ぜて簡単にカフェ・オ・レが作れるインスタントコーヒー。アラビカ豆が100%使用されています。内容量は100g。購入価格は525円(税込)。

カフェ・オ・レになりたいコーヒー

コーヒーを作る場合は、カップにティースプーン軽く1杯(約2g)の粉を入れ、約120mlのお湯を注げば完成。牛乳や砂糖を加えずそのまま飲むと、しっかり苦みのある濃い味わい。深いコクが長く余韻を残します。

カフェ・オ・レになりたいコーヒー

「カフェ・オ・レ」を作る場合は、約200mlの牛乳にティースプーン2杯分の粉を入れてよく混ぜれば出来上がり。ホットでもアイスでも作れますが、牛乳がキンキンに冷えていると少し溶けにくいかも。その場合は牛乳を少量だけ温めて粉を溶かしてから冷たい牛乳を注ぐと良いかと。

カフェ・オ・レになりたいコーヒー

“カフェ・オ・レになりたい”というだけあって、牛乳との相性は言わずもがな抜群。コーヒーの重厚な苦みをまろやかに包み込みます。それぞれが持つコクが溶けあった濃厚な味わいは、カフェで出てきそうなクオリティ。甘みはついていないので砂糖はお好みで。

カフェ・オ・レになりたいコーヒー

間違いなく牛乳と出会うために生まれてきた「カフェ・オ・レになりたいコーヒー」。コーヒー飲むならカフェ・オ・レ派の方はぜひ!