梨のビール「和梨のヴァイツェン」

サンクトガーレンから、原材料に梨が使われたフルーツビール「和梨のヴァイツェン」が登場。異常気象で出荷不能の果実が活用されています。10月15日から販売されます。

梨のビール「和梨のヴァイツェン」

瓶容量330mlで想定価格は460円(税別)。2020年は長雨と日照不足により、果肉に「蜜(みつ)」と呼ぶ変化が生じる「蜜症」の梨が大量に出ました。リンゴにあると喜ばれる蜜ですが梨に発生すると食感が悪くなることや見た目の問題で出荷不可になります。

梨のビール「和梨のヴァイツェン」

味に問題がないため、サンクトガーレンに引き取られ、フルーツビールの原材料に使われています。サンクトガーレンの地元である神奈川県小田原市のほか、新潟県加茂市の農家からの求めもあり、2県から「訳あり梨」約350kgが買い取られました。品種は豊水、幸水、菊水、新高など数種混ざっています。

梨のビール「和梨のヴァイツェン」

サンクトガーレンはほかにも「訳ありオレンジ」を使ったビール「湘南ゴールド」や「訳ありリンゴ」を使ったビール「アップルシナモンエール」などを手掛けており、和梨のヴァイツェンも同様の銘柄。

梨のビール「和梨のヴァイツェン」

香料などに頼らず果実本来の香りや味わいを引き出すため、果実がたっぷり贅沢に使われ、ビールは小麦麦芽を主原料としたフルーティーなヴァイツェンというスタイルをベースにしています。梨は細切れにしたもの、ペーストに加工したもの、ジュースに加工したものを3段階に分けて加えられます。苦味は抑え、梨の甘い香りと瑞々しい風味をギュッと閉じ込めた仕立て。

梨のビール「和梨のヴァイツェン」

10月に横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト」の限定ビールとして樽生で提供する予定で準備されていましたが、新型コロナウイルスの影響で直前にイベントが中止となったためボトル販売に切り替えられています。

なお日本の酒税法で認められている以上の量の果物を使用しているため「発泡酒」表記となっています。ただし麦芽率は50%以上で税率はビールと同じ。アルコールは5.5%。

販売場所は直営オンラインショップ、京王百貨店新宿店、そごう横浜店、信濃屋食品(一部除く)ほかです。