いぶし処 スモークバッグ

スモーキーな香りがクセになる“燻製料理”。家でも楽しめたら嬉しいけれど、準備するものが多かったり、煙や匂いが充満したりとなかなか手軽には作れないですよね。

やっぱりお店で食べるしかないか…と諦めかけていた時に見つけたのが「いぶし処 スモークバッグ」。材料さえ用意すればキッチンで燻製できるという商品、実際に試してみました。

いぶし処 スモークバッグ

いぶし処 スモークバッグ

スモークに必要なチップが入ったバッグ。加熱する側が二重構造になっており、その間にスモークチップと照りを出すための微量の砂糖が均等に入っています。内側底面の両サイドにある小さな穴から燻された香りが広がり、食材のスモークに最適な状態を作り出す構造。バッグのサイズは275mm×495mm。ホームセンターでの購入価格は657円(税込)。

いぶし処 スモークバッグ

作り方

まずは好きな食材を下ごしらえして味付け。今回はうずらの卵、ハム、チーズ入りちくわ、ナッツを用意しました。

バッグの「THIS SIDE DOWN」と書かれている方を下にして食材を入れたら、開口部を折り曲げて密封。食材の量はバッグの2/3くらいがおすすめだそう。

いぶし処 スモークバッグ
うっすら文字が入っています

オーブン、ガスコンロとフライパン、炭火と鉄板など様々な調理器具で使用可能(電子レンジは不可)。今回はキッチンのコンロとフライパンで20分ほど加熱。火を止めたらバッグを開けずに5分ほど蒸らすのが美味しく仕上げるポイント。作っている間煙が充満することなく、窓を開けて換気扇をまわしていれば匂いもそれほど気になりませんでした。

いぶし処 スモークバッグ

できばえは?

燻した食材は、バッグに接していた部分に若干焦げ目がついて食欲をそそるビジュアル(中には真っ黒になっているものもありましたが…)。皿に盛り付けている時から燻製ならではの香りがぷんと漂ってきます。

いぶし処 スモークバッグで燻した食材

4つの食材の中で最も成功だったのはハム。もともとついていた程良い塩気とスモーキーな風味が絶妙にマッチ。燻製の香りは穏やかながらも噛むほどに味わい深く、ビールのおつまみにもぴったりです。

いぶし処 スモークバッグで燻したハム

逆にうまくいかなかったのはナッツ。他の食材の水分を吸ったことで、ふにゃんとした食感になってしまいました。でも味は香ばしさが増して美味でした。

いぶし処 スモークバッグで燻したナッツ

自分で作るのはハードルが高い燻製料理を手軽に楽しめるのが「いぶし処 スモークバッグ」の魅力。1回使い切りで終わったら丸めて捨てるだけなので、“器具を買ったはいいけど置き場所に困る”という事態も避けられます。アウトドアでもおうちでも気軽に燻製にトライできますよ!