無印良品「ミャンマーのコーヒー豆」

無印良品の限定店舗とネットストアで、「ミャンマーのコーヒー豆」が9月23日より販売されます。200g入り、価格は990円(税込)。

ミャンマーの南シャン州は、タイ・ラオス・ミャンマーの国境地帯でアヘン原料となる「ケシ」の栽培が盛んな山深い地域。近年ミャンマー政府の対応によりケシの栽培面積は減少しましたが、ケシ以外の収入が乏しいため多くの農民が困窮するとともに、一部の農民は政府の目が届かない山奥でケシ栽培を続けています。

こうした問題を解決するため、ミャンマー政府と国連薬物犯罪事務所が協働。同地域が標高1,000~1,800mと品質の良いコーヒー生産に気候条件が合致していることから、ケシからアラビカ種のコーヒーへの栽培転換を推進しています。

無印良品「ミャンマーのコーヒー豆」

そんな中、味は変わらないのにサイズではじかれていた小粒のコーヒー豆を、無印良品が適正な価格で買い取り活用したのが「ミャンマーのコーヒー豆」。コーヒー豆は標高1,000~1,800mの南シャン州で栽培され、手摘みで収穫されたもの。深煎りし、コクと酸味を生かして仕上げられています。

取り扱い店舗(国内39店舗)は無印良品の公式サイトから確認できます。