玄海漬「ドライフルーツの粕漬」

佐賀県唐津市の粕漬メーカーである玄海漬から「ドライフルーツの粕漬」が販売されています。「カクテルのような味わい」が打ち出された一品。ギフト向けパッケージ入り。

玄海漬ではもともと酒粕を使った鯨の軟骨や貝柱の粕漬が製造されていて、いずれもいわゆる「酒粕ごと食べる」九州の粕漬となっています。最近は全国への普及をめざし、酒粕が使われた新メニューが作られています。

これまで「クリームチーズの大吟醸粕漬」が作られ好評でしたが、要冷蔵でした。そこで今回は常温配送ができる素材としてドライフルーツが選ばれています。すでに玄海漬を利用している顧客向けに先行販売されたところ、ギフトへの要望もあり、専用パッケージやギフト箱を揃えた新シリーズとして正式販売されます。

ドライフルーツは和紙にくるんで酒粕につけこんであり、酒粕を落とすことなく、そのまま取り出して食べられます。果肉に酒粕の水分が吸収され、ジューシーな味わい深い酒粕風味を楽しめるとのこと。そのままおやつやデザートとして味わえます。

内容量はりんご70g、パイナップル50g、キウイ60g。ドライフルーツはタイ産、酒粕は国産。販売価格はパッケージ入りが各648円(税込、以下同じ)、ギフト箱入りが2,052円。今後は「酒粕バター」なども登場予定です。

玄海漬「ドライフルーツの粕漬」

玄海漬「ドライフルーツの粕漬」

玄海漬「ドライフルーツの粕漬」

玄海漬「ドライフルーツの粕漬」