史上初めて“缶”で登場「いいちこ下町のハイボール」

三和酒類から、本格焼酎『いいちこ』ブランド史上初となるRTD(Ready To Drink)タイプの缶入り焼酎ハイボール「いいちこ下町のハイボール」が9月8日にコンビニエンスストアで先行発売されます。350ml入りで、価格は175円(税別)。アルコール度数7%。

本格焼酎『いいちこ』は1979年に誕生。今回新登場する「いいちこ下町のハイボール」は、本格焼酎『いいちこ』ブランド史上初でもあり、三和酒類史上初のRTD商品です。40年以上愛されてきた下町のナポレオンこと『いいちこ』がハイボールに仕上げられています。

クセがなく飲みやすいため、ウイスキーベースのハイボールが苦手な方にもおすすめ。厳選したこだわりの原材料を使い、『いいちこ』と炭酸の割合を追求。隠し味に、かぼすスピリッツを使い、プロのこだわりの仕上げを再現しています。ハイボールらしい爽やかさと、のど越しの良さはもちろん、『いいちこ』の柔らかな口当たりやバランスの良い香りで優しい酔いが楽しめます。

蓋をあけるとすぐに『いいちこ』を楽しめるため、手軽にお酒を嗜みたい時にも最適。プリン体ゼロ・糖質ゼロ・甘味料ゼロ・香料ゼロの、体にも優しいハイボールです。