セブンのおでん2020

セブン-イレブン各店で、8月25日より順次おでんが登場。今年は総菜売り場でカップスープ形態の「味しみおでん」が新たに販売される。

カップ入りおでん

レジカウンター横で販売するおでんに加え、冷蔵で保存し容器のまま電子レンジで温めて食べられるカップタイプをラインナップ。従来のおでん同様こだわりのつゆ・具材が使用されている。

具材は大根・たまご・白滝・ちくわ・厚揚げの5種を食べやすいサイズで盛り合わせ。価格は298円(税別)。

レジカウンター横おでん

レジカウンター横で展開されるおでんは9月8日よりリニューアル。衛生面にも配慮し、売り場にはアクリルカバーが設置される。

セブンのおでん2020

セブンのおでん2020
アクリルカバーを設置

具材ラインナップはこんにゃく・ちくわ・厚揚げ・ちくわぶ・がんも・ソーセージ・さつま揚げ・はんぺん・つくね・ロールキャベツ。つゆは基本のだしに「真鯛のあらスープ」を新たにプラスし(※沖縄県は除く)、魚の旨味をより向上させた。つゆは地域の好みに応じて調整され、全国9種が展開される。