レシピ「カマンベール丼」

第一弾に引き続き、えん食べ編集部が実際に作って美味しかった「丼レシピ」5選をまとめてご紹介します。悪魔の「カマンベール丼」や即席「マーボー丼」など。

※各レシピ名リンクをクリックすると、詳しいレシピページへ飛びます

・ スタミナ納豆
鳥取ではおなじみの学校給食メニュー「スタミナ納豆」の簡単レシピ。

簡単レシピ「スタミナ納豆」

白米の上にのせて“スタミナ納豆丼”としていただきます。ぽろぽろとした鶏ひき肉に粘りのある納豆が絡まることで絶妙な一体感に。爽やかに香るねぎやしょうが、にんにくが納豆の臭みを消し、旨みだけを引き立てています。最後にピリッと感じる辛みがまた最高。クセになる味わいで箸がどんどん進むー!

簡単レシピ「スタミナ納豆」

・ ちくわの蒲焼き丼
安くていろんな料理に使える高コスパ食材、ちくわ。ちょっと贅沢気分を味わえる「ちくわの蒲焼き丼」のレシピ。

レシピ「ちくわの蒲焼き丼」

表面はこんがり、中はぷりぷりむっちりしたちくわが甘辛いタレをまとって香ばしさマックス!タレを絡めて焼くことでジューシー感も増しています。そしてこのタレがしみたご飯がまたうまいわ~。低カロリー・低糖質でダイエット食材としても優秀なちくわ。

レシピ「ちくわの蒲焼き丼」

・ カマンベール丼
さらにカマンベール好きを唸らせるメニュー「カマンベール丼」。

レシピ「カマンベール丼」

まったりと舌を包み込む、クリーミーなカマンベールのコクと熟したうまみ。これが醤油に引き立てられて、ごはんが進みまくるんです。脂ののった高級和牛丼ぐらいのリッチ感。香ばしい海苔やかつお節も、ごはんとチーズをうまくまとめています。もしごはんが冷えていたら、チーズをのせたあとにレンジで温めるのがおすすめ。チーズがとろける頃合いが特においしいので、ぜひ全体をよく混ぜて、ごはんに絡めて味わってみてください。

レシピ「カマンベール丼」

・ 鶏そぼろ丼
鶏ひき肉を買った時に作っておくと便利な「鶏そぼろ」を使った「鶏そぼろ丼」。

レシピ「鶏そぼろ丼」

鶏そぼろも卵そぼろもしっとりとした口あたり。ほど良いしょっぱさに卵の甘みが重なり、生姜とねぎが後味を引き締めます。丼3杯くらい食べられそう。味にアクセントが欲しい時は途中で七味唐辛子をかけてもおいしいです。

レシピ「鶏そぼろ丼」

・ 炒めハンバーグ丼
ハンバーグが大好き!でも作るのは面倒くさい。そんな人におすすめのずぼら飯「炒めハンバーグ丼」。

ずぼら飯「炒めハンバーグ丼」

食べる前からわかってたけどやっぱりうまい!甘ずっぱいケチャップ&ソースが引き立てる肉のうまみ。シャキシャキ感の残る玉ねぎの甘み。見た目はそぼろ状ですが味は完全にハンバーグです。これが白いご飯に合わないわけない!

ずぼら飯「炒めハンバーグ丼」