くら寿司に「絆すずき」

回転寿司チェーン「くら寿司」で、旬のスズキが使われたお寿司「絆すずき」が販売されます。新型コロナウイルス感染症の影響で販路が減少し、出荷できず生けすに保管されていた養殖スズキが使われます。8月7日から関西2府4県、四国4県で取り扱われます。

販売価格は1皿220円(税込)。香川県の養殖業者から仕入れられた約30トンのスズキが使われます。関西では夏の風物詩ともいわれ、主に京都の高級料亭向けに旬であるこの時期に出荷するため、約3年かけて育てられた品質の高いものですが、新型コロナの影響によるイベントの中止や観光客の減少に伴う需要減によって出荷量が減り、今回くら寿司が仕入れることになったものです。

脂がのっていてうまみを感じられる2キロ以上の大型サイズ。8月7日から13日までと、21日から27日までの合計2週間販売されます。持ち帰りも可能となっています。

くら寿司では7月にも、販路が減少した愛媛県内の養殖業者様からマダイ約200トンが仕入れられ、「絆真鯛」として愛媛県内の5店舗限定で販売されていて、今回のスズキもこれに続く取り組みです。