レシピ「サバの水煮アヒージョ」

おうち飲み充実!えん食べ編集部が実際に試して美味しかった「アヒージョ」のレシピ5選をまとめてご紹介します。「サバの水煮アヒージョ」や「まぐろとねぎのアヒージョ」など。

※各メニュー名リンクをクリックすると、詳しいレシピページへ飛びます

■ まぐろとねぎのアヒージョ
まぐろときのこの旨み、しょうゆの香ばしさ、にんにくの香り、鷹の爪の辛み、ねぎの甘みが一体となった「まぐろとねぎのアヒージョ」。

レシピ「まぐろとねぎのアヒージョ」

まぐろの外側には火が通っていてしっとり、中はちょっぴりレアでなめらかな口あたり。漬け込んでおいたことで味が程よく染みています。アヒージョと言えばバゲットを合わせるのが定番ですが、これはごはんのお供にもぴったり。もちろんお酒とも相性抜群です。

レシピ「まぐろとねぎのアヒージョ」

■ 辛子明太子と新じゃがのアヒージョ
ほくほくカリッとした新じゃがいもと、ピリリとした辛子明太子が相性抜群な「辛子明太子と新じゃがのアヒージョ」。

レシピ「辛子明太子と新じゃがのアヒージョ」

揚げ焼きされたじゃがいもは、外はフライドポテトのようにカリッと、中は蒸されてほっくほく。いものほのかな甘みと共に、オリーブオイルとねぎの爽やかな香りが広がります。より味わいを深くするのが辛子明太子。アヒージョで外せない鷹の爪の役割を担い、ピリリとした辛みを加えます。プチプチとした舌触りも心地良いアクセントです。

レシピ「辛子明太子と新じゃがのアヒージョ」

■ はんぺんアヒージョ
柔らかくふっくらとしたはんぺんや、甘くなったねぎ、香りの良い舞茸のハーモニーが楽しめる「はんぺんアヒージョ」。

レシピ「はんぺんアヒージョ」

熱々のはんぺんは柔らかくふっくら。オイルが少し染み込んで、焼き目の香ばしさとともにジュワッと旨みが広がります。はんぺんそのものの味は淡白ですが、にんにくや鷹の爪でパンチのある味わいに。隠し味に加えたしょうゆでほんのり和テイストとなっています。

レシピ「はんぺんアヒージョ」

■ サバの水煮アヒージョ
にんにくの香りをまとったサバの旨みと、ピリッときいてくる辛みが後を引く「サバの水煮アヒージョ」。

レシピ「サバの水煮アヒージョ」

作っている時から食欲そそる香りでキッチンが満たされていて、「これ絶対ウマい!」と確信していました。まさにその期待通りのおいしさ。にんにくの香りをまとったサバの身がほろっとほぐれて、たっぷりの旨みが口内に放たれます。後からピリッときいてくる辛みが後引く味わい。残ったオイルはバゲットにつけて食べると最高です。

レシピ「サバの水煮アヒージョ」

■ たこ焼き器で楽しむアヒージョ
た目も華やかで、宅飲みやプチパーティーにぴったりな「たこ焼き器で楽しむアヒージョ」。

レシピ「たこ焼き器で楽しむアヒージョ」

手軽にできて見た目も華やか!宅飲みやプチパーティーで盛り上がりそうなメニューです。アツアツの具材をそのままつまんだり、スライスしたパンにオイルを浸したりとお好きな食べ方で楽しんで♪

レシピ「たこ焼き器で楽しむアヒージョ」