一風堂に「博多細つけ麺~玄米黒酢仕立て~」

ラーメンチェーン「一風堂」で、8月11日から夏の特別メニュー「博多細つけ麺~玄米黒酢仕立て~」が販売されます。なくなり次第終了で、各店舗数量限定で取り扱われます。

販売価格は790円(税別)。一風堂のラーメンならではの極細ストレート麺をつけ麺にした一杯。カツオやサバ、イワシなどの魚粉がふんだんに使われた濃厚な魚介のつけダレと、ゆでた後冷水で締められ、九州産玄米黒酢と昆布出汁で風味がつけられた極細麺が合わせられています。

つけ麺の薬味としては、辛味噌などが使われた「辛みペースト」や「天かす」が添えてあります。麺を食べ進める途中で味に変化をつけて楽しむこともできます。

一風堂では夏になると「細つけ麺」が登場し、風物詩として好評だったことから、2020年はさらに手が加えられ、魚介と黒酢という初の新しい組み合わせが作られました。黒酢のさっぱりとした風味が、疲れも出やすくなる暑い夏向きの仕立て。国内73店舗で注文できます。