カラフルな夏野菜の南蛮漬け
旬の野菜をたっぷり味わいたい時におすすめ!目にも鮮やかな「夏野菜の南蛮漬け」のレシピをご紹介します。
材料 ( 2人分 )
かぼちゃ 1/8個
なす 2本
おくら 8本
パプリカ 1個
ごま油 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
大さじ3
砂糖 大さじ1
夏野菜の南蛮漬け

旬の野菜をたっぷり味わいたい時におすすめ!「夏野菜の南蛮漬け」のレシピをご紹介します。

◆ 材料

かぼちゃ 1/8個
なす 2本
おくら 8本
パプリカ 1個
ごま油 大さじ1

<タレ>
しょうゆ 大さじ1
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
酢 大さじ3
砂糖 大さじ1

◆ 作り方

1. かぼちゃを5mmくらいにスライスし、さらにひと口大にカット(あらかじめスライスされているものを買うと楽)。時短のため、耐熱容器に入れてラップをかけてレンジ(600W)で2分30秒加熱。

2. なすは皮に深さ5mmほどの切り込みを入れてから乱切り。フライパンにごま油を熱し、皮の方から焼く。

フライパンで焼いているなす

3. おくらはへたの部分を取り除いてななめに切り、パプリカはへたと種を取って細切り。

おくらとパプリカ

4. フライパンのなすがしんなりしてきたら、おくらとパプリカを加えて2分ほど炒める。

夏野菜の南蛮漬け

5. レンチンで柔らかくなったかぼちゃを加えてさっと炒め、火を止める。

夏野菜の南蛮漬け

6. タレの材料を全て混ぜ、野菜と絡める。

夏野菜の南蛮漬けのタレ

7. 15分ほど味をなじませたら器に盛って完成。

夏野菜の南蛮漬け

◆ その味は?

ほくほくのかぼちゃ、トロンと柔らかいなす、ねばねばのオクラ、シャキッとみずみずしいパプリカとひと口ごとに異なる食感が楽しい!野菜がもつ自然な甘みにめんつゆの旨み、ごま油の香ばしさが加わった後引くおいしさ。酢のほのかな酸味が味わいをすっきりとまとめ上げます。タレを作る時にお好みでしょうがを少々加えるとより爽やかな仕上がりに。

夏野菜の南蛮漬け

暑さで食欲がない日でもモリモリ食べられそうな「夏野菜の南蛮漬け」。黄色、緑、赤、紫と目にも鮮やかな一品が食卓を彩ってくれますよ。