セブン「赤城 以前にも増してさわやかすぎ~。やりすぎチョコミントバー」
圧倒的ミント味の一品です

セブン-イレブンの「赤城 以前にも増してさわやかすぎ~。やりすぎチョコミントバー」を食べてみました。舌がヒリつくほどに強烈なミント味です。

セブン「赤城 以前にも増してさわやかすぎ~。やりすぎチョコミントバー」
パッケージはこちら

販売価格は127円(税込)、カロリーは152kcal。名前を聞いてぴんと来た人もいらっしゃるかもしれません。セブンでは過去にも際立つミント味が特徴の「さわやかすぎ~。やりすぎチョコミントバー」が登場していて、今回はそこからさらにさわやかさを打ち出した一品となっています。

もともとチョコミントといえば清涼感から夏には人気のフレーバー。セブンも7月に「明治 エッセル 白いチョコミント」と「7プレミアム チョコレートバーミント 生チョコ入り」が販売され、えん食べでも食べ比べを行いました。ただしこの2つがチョコとミントのバランスがよく、スイーツとしてほどよい香りに仕上げられていたのに対し、やりすぎチョコミントバーはアグレッシブなほどにミント押しにふりきっています。

セブンのチョコミントアイス
最近とみにチョコミントアイスづいているセブン

なるほど水色のパッケージを開いて取り出したロケット型のアイスミルクにはチョコチップがぎっしりつまっていて、ナイフを入れても中までたっぷりチョコなのはわかります。

セブンのチョコミントアイス
見た目は普通のチョコミントアイス

かじるとやわらかなアイスにパリパリとしたチョコの食感が楽しい、スタンダードなチョコミントアイス、のようですが、しかし味覚はあっという間に痺れるようなミントの風味に占領され、どっさり入っているはずのチョコの味がかすんでしまいます。

セブンのチョコミントアイス
チョコは中までぎっしりですが……

ミントは、香りだけでなく苦味もしっかりあって、食べているうちに体がすーっと冷えていくような心地。並のチョコミントでは満足できないという、筋金入りのミントラバーにお勧めする一品です。

セブンのチョコミントアイス
とにかくミントが強烈!