無印良品の「発酵ぬかどこ」レビュー

無印良品から販売されている「発酵ぬかどこ」(1kg 税込890円)ご存じですか?ぬか床って普通は毎日かき混ぜないといけないんですが、これはその作業がいらないので初心者でもめちゃくちゃ簡単においしいぬか漬けが作れるんです。しかも失敗なく。

無印良品の「発酵ぬかどこ」レビュー

えん食べ編集部も前から気になっていたこの商品、ついに試してみたところ、ビックリするほどおいしい野菜のぬか漬けが完成してしまいました…!特におすすめの食材は「アボカド」です!

● 作り方

無印のぬか床はあらかじめ発酵させてあるので、そのまま野菜を漬けられます。袋はチャック付きなので、別の容器に移し替える必要もなし。好きな野菜を突っ込んだらチャックを閉めて密閉し、冷蔵庫で放置するだけです。

今回はキュウリ、なす、アボカドを漬けてみます。

キュウリはそのまま、もしくは大きい場合は半分に切ります。なすは塩もみして洗い、ヘタを取って縦半分にカット。アボカドは半分に切って種を取りのぞき、皮をむきます。

無印良品の「発酵ぬかどこ」レビュー

ぬか床を少し掘って、野菜たちをそっと置き、上からやさしくぬかをかけます。

無印良品の「発酵ぬかどこ」レビュー

しっかりと口を閉めたら冷蔵庫へ。きゅうりは12~18時間、なすは16~24時間、アボカドは1~2日漬けたら食べごろ!ぬか床から出してさっと水洗いし、適当に切っていただきます。

無印良品の「発酵ぬかどこ」レビュー
しっかりふたをしめて冷蔵庫で漬けます

無印良品の「発酵ぬかどこ」レビュー
できあがり!

● その味は?

キュウリはパリッとみずみずしい歯ざわりで、しょっぱうまい味が止まらなくなるおいしさ!なすはぷりっと引き締まった実に、ほのかな酸味とぬかの風味がよく合います。そしてアボカド。とろりとなめらかな口あたりで、こっくりしたバターみたいなまろやかさと、ぬか漬けの香り、酸味と塩気が相性ばつぐんです!めちゃくちゃおいしい!

無印良品の「発酵ぬかどこ」レビュー

市販の出来合いのぬか漬けよりも、自分で漬けると香りが豊かでうまみも深い気がします。もちろんキュウリ、なす、アボカドのほか、かぶやにんじん、大根など好きな野菜やゆで卵を漬けてもOK。ぬか床はお手入れ次第で繰り返し長く使えます。ぬかどこが少なくなったら別売りの「発酵ぬかどこ 補充用」を追加しても。手軽にぬか床生活、始めてみては?