セブン「ピエール・エルメ」エクレア&カップケーキ
パティスリーブランド「ピエール・エルメ」の名を冠したマンゴースイーツ2種

セブン-イレブンの「ピエール・エルメ シグネチャー エクレア マンゴーキャラメル」「ピエール・エルメ シグネチャー カップケーキ マンゴー」を食べ比べてみました。どちらもケーキ専門店の洋菓子に勝るとも劣らないおいしさですが、より満足度が高いのはどちらかを検証しました。

セブン「ピエール・エルメ」エクレア&カップケーキ
食べ比べてみましょう

エクレア

セブン「ピエール・エルメ」エクレア&カップケーキ
ピエール・エルメ シグネチャー エクレア マンゴーキャラメル

ピエール・エルメ シグネチャー エクレア マンゴーキャラメルは販売価格324円(税込)。カロリーは288kcalとしっかりあります。歯切れのよいエクレア生地に、甘酸っぱいマンゴーの果肉とソース、ほろ苦いキャラメルクリームが詰められています。

セブン「ピエール・エルメ」エクレア&カップケーキ
パッケージはこちら

マンゴーの果肉を思わせるオレンジ色のパッケージが、セブン-イレブンのスイーツコーナーでも目を引く一品。封をあけると紙のトレイに入った瀟洒なお菓子の姿が。クリームがうねを作っているのが何ともおしゃれ。

セブン「ピエール・エルメ」エクレア&カップケーキ
キャラメルクリームとマンゴー果肉&ソースが入っています

ナイフを入れると、ライトブラウンのキャラメルクリームと濃いオレンジ色のマンゴー果肉とソースがそれぞれ確認できます。かじってみると、濃厚なキャラメルの香りと甘み。

このエクレアの主役はキャラメルでした。マンゴーは引き立て役で、酸味やさわやかなフルーツの香りはアクセントとして楽しめます。とにかくローストされた砂糖のこうばしい風味とくちどけよくやさしいクリームの相性がよく、口の中に幸せが広がる心地です。

カップケーキ

セブン「ピエール・エルメ」エクレア&カップケーキ
ピエール・エルメ シグネチャー カップケーキ マンゴー

ピエール・エルメ シグネチャー カップケーキ マンゴーは345円(税込)。カロリーは230kcal。甘酸っぱいマンゴー果肉がダイス、ムース、ジュレで仕立てられ、なめらかなクレームブリュレの層に重ねられています。

セブン「ピエール・エルメ」エクレア&カップケーキ
パッケージはこちら

まず一番上にはマンゴーピュレがのっていて、すくってみるとさわやかな香りと酸味。下にある色の薄いクリーム状の層はピュレよりはおだやかな風味ですが、やはりしっかり果実感があります。さらに下には色も味も濃厚なマンゴー味のソースとスポンジ。最後にバニラのほのかに香るカスタードの層に到達します。

セブン「ピエール・エルメ」エクレア&カップケーキ
さわやかなピュレ

一番上の層から下までスプーンを一気に通してひとすくいにほおばると、各層の特徴が混然となってまた楽しめます。

セブン「ピエール・エルメ」エクレア&カップケーキ
マンゴーフレーバーのクリーム層

2種類のスイーツを食べ比べたところ、よりマンゴーらしさが楽しめるのはカップケーキでした。ただし、満足度はエクレアの方が高めでした。

セブン「ピエール・エルメ」エクレア&カップケーキ
濃いマンゴーソース

エクレアはマンゴーのスイーツを期待してほおばるとキャラメルが前面に出てびっくりしますが、それを補ってあまりある独特な個性があり、セブン-イレブンのスイーツとしても異色のきりっとしたおいしさ。もしどちらかひとつ選ぶなら、まずはエクレアをお勧めします。

セブン「ピエール・エルメ」エクレア&カップケーキ
一番下にカスタード