セブンキャラメルバスクチーズケーキローソンお抹茶バスチー

スペイン発祥の流行スイーツ「バスクチーズケーキ」。今や各コンビニでも手に入るようになっています。

そんな中、ついにフレーバー商品まで発売。2020年7月、セブンからはキャラメル味の「キャラメルバスクチーズケーキ」が、ローソンからは抹茶味の「お抹茶バスチー」が発売されています。このふたつを、実食紹介しつつ比較してみました!

セブン キャラメルバスクチーズケーキ

セブンキャラメルバスクチーズケーキローソンお抹茶バスチー

キャラメルシロップを使ってキャラメルフレーバーに仕上げたバスクチーズケーキ。サイズはプレーンの「バスクチーズケーキ」と同程度で、価格は267円(税込)。

セブンキャラメルバスクチーズケーキローソンお抹茶バスチー

しっとりなめらかで濃厚な食感は、プレーンのバスクチーズケーキ同様。深みのある本格的なキャラメルフレーバーで、濃厚な甘さと焦げたようなほろ苦さが楽しめます。

ローソン お抹茶バスチー

宇治抹茶エスプレッソと宇治抹茶パウダー入りのバスク風チーズケーキ。ホイップクリーム、くるみ、黒糖入り黒蜜ソースをトッピングし、底面に黒糖カラメルを敷いて仕上げられています。贅沢なぶん、価格も1個380円(税込)とややお高め。

セブンキャラメルバスクチーズケーキローソンお抹茶バスチー

しっとり濃厚な食感はプレーンの「バスチー」そのまま、抹茶の風味豊かな味わいが楽しめます。ほろ苦さも存分に感じられる大人な仕立て。ホイップや黒蜜ソースで味を変えつつ食べられるのも嬉しいポイントです。

セブンキャラメルバスクチーズケーキローソンお抹茶バスチー

キャラメルと抹茶とで方向が違うので比較しにくいけど、どちらかといえばこちらの方がより苦みを感じられるかな。

プレーンとの違いは?
セブンのキャラメルバスクチーズケーキ・ローソンのお抹茶バスチーともに、フレーバーの主張が強く、チーズ風味は感じにくく仕上がっています。チーズは味というより、どちらかといえばクリーミーな食感に貢献している印象。チーズケーキのつもりで買うとちょっと「?」となってしまうかもしれませんね。

セブンキャラメルバスクチーズケーキローソンお抹茶バスチー
チーズを味わいたいならプレーンがおすすめ

ただどちらもキャラメル味・抹茶味のケーキとしてクオリティが高いのは確か!風味がぎゅっと詰まった濃厚なスイーツが好きな人に試してほしい商品です。