新宿高野に生で食べるあんず「ハーコット」のパフェ&ケーキ!

高級フルーツ・ギフトやフルーツパーラーなどを手掛ける「高野」から、長野県千曲市で栽培されている生食用あんず「ハーコット」が使われたケーキとパフェが登場しています。7月末までの取り扱いです。

カナダ生まれの品種で、酸味が少なく甘みが強いので生食用として栽培されています。果実は橙色で大きめの円形。高野のケーキやパフェに仕立てられるのは2020年度としては初めて。

まずケーキの「ハーコットのタルト」は販売価格810円(税込、以下同じ)。東京・新宿の「新宿高野B2フロアケーキコーナー」で取り扱われます。

新宿高野に生で食べるあんず「ハーコット」のケーキ
ハーコットのタルト

次にパフェの「信州千曲市産ハーコットのパフェ」は販売価格1,760円。東京・新宿の「タカノフルーツパーラー本店」で取り扱われます。ハーコットがなくなり次第終了となります。

新宿高野に生で食べるあんず「ハーコット」のパフェ
信州千曲市産ハーコットのパフェ