簡単&使いやすい!バナナの冷凍保存方法
フリーザーバッグを使った、簡単&使いやすいバナナの冷凍保存方法をご紹介。熟しすぎて黒くなってしまいがちなバナナを賢くおいしく使い切りましょう。
原材料 バナナ 2~3本
ツール フリーザーバッグ
作業時間 10分
1. バナナの皮をむき、フリーザーバッグに入れる
2. 空気を抜いて袋を密封し、バナナを指でつぶしていく
3. 中身を平らにならし、冷凍庫へ
4. 板状に凍ったら完成
5. 使う際は必要な分だけ割りほぐして使う

バナナの冷凍保存方法

4~5本の房で買うことの多いバナナ。1本目、2本目くらいまでは調子よく消費できるのですが、最後の方は熟しすぎて真っ黒&ぐちゃっとした食感になってしまうこともしばしば。

そんなことを無くすためにも、スイートスポット(皮の黒い点)が多く出てきたバナナは即冷凍!簡単&使いやすい保存方法をご紹介します。

バナナの冷凍保存方法
スイートスポットが増えてきたら!

バナナの冷凍保存方法

皮をむき、フリーザーバッグに入れる。中サイズのフリーザーバッグに2~3本が適量です。なお果肉が黒ずむのが気になる人はここでレモン汁を入れると良いです。バナナ1~2本につき大さじ1が目安。

ステップ1 バナナの冷凍保存方法

空気を抜いて袋を密封し、バナナを指でつぶしていく。熟れたバナナなら簡単です。

ステップ2 バナナの冷凍保存方法

なめらかになるほどがんばる必要はありません。大きなデコボコを感じなくなればOK。中身を平らにならし、板状に固まるよう冷凍庫の平らな場所で凍らせます。これで完成。

ステップ3 バナナの冷凍保存方法
冷凍前

ステップ4 バナナの冷凍保存方法
冷凍後

使う際は、袋の上からパキっと割りほぐして欲しい分だけ取り出せばOK。すぐに解凍され、やわらかな食感と甘みが楽しめます。

ステップ5 バナナの冷凍保存方法

バナナの冷凍保存方法

アイスやヨーグルトにトッピングしたり、お菓子作りにも便利。スライスと違って保存の際包丁が要らず、また袋の中で重なって貼りついてしまう恐れがないのもおすすめポイントです。

保存期間の目安は1か月程度。ゆっくり消費出来ます。バナナを1房買ったときの、「熟れすぎる前に消費しなきゃ…」という強迫観念からも解放されますよ。