カノーブル「クラフトコーラバター」

バターの新しい楽しみ方を提案するブランド「CANOBLE(カノーブル)」から、夏のブールアロマティゼ(フレーバーバター)として、「クラフトコーラバター」と「クラフトジンジャーエールバター」が東京工場直売所で6月27日に発売されます。ネットストアでは予約受付中。

「クラフトコーラバター」は、カルダモン・クローブ・ナツメグ・シナモンなどのスパイスと柑橘類を煎じて作るクラフトコーラエキスを練り込んだ、大人のブールアロマティゼ(フレーバーバター)。スパイスの香りとフレッシュバターのミルク感。ほどよい酸味とスパイスが織りなす複雑なフレーバーが特徴です。

カノーブル「クラフトコーラバター」

カルダモンの甘くエキゾチックな柑橘感と、クローブのあとを引く甘く濃厚な香りと刺激的な風味、シナモンの甘い香りとナツメグのガツンとくる刺激。広島県産の瀬戸田レモンの果汁の酸味とピールの清涼感が五感に響く、心を癒やす魔法のバターに仕上げられています。価格は1,580円(税込、以下同じ)。

「クラフトジンジャーエールバター」は、夏の訪れの予感させる新生姜のさわやかな香りと、レモンの果汁とピールの清涼感をギュッと濃縮したクラフトジンジャーエールをフレッシュバターに練り込んだ、大人の夏のブールアロマティゼ(フレーバーバター)。新生姜のさわやかな香りと辛み、土生姜のスパイシーでシャープな辛みと香りをミックスし、強い刺激が大人の官能を目覚めさせます。

カノーブル「クラフトジンジャーエールバター」

生姜は高知県産を使用。 生姜のスパイス感をキュッと引き立てるのは広島県産の瀬戸田レモン。ピールの濃い柑橘感までも抽出し、クラフト(手作り)感あふれるフレーバーに仕上がっています。価格は1,580円。