やよい軒に「冷汁ととり天の定食」と「ひつまぶし定食」
夏向きの郷土料理を定食メニューにアレンジ!

定食レストラン「やよい軒」で季節の郷土料理が定食に仕立てられたメニュー2種類が6月2日から登場します。宮崎県の冷汁にとり天が組み合わされた「冷汁ととり天の定食」と、うなぎを楽しめる愛知県は名古屋名物「ひつまぶし定食」です。

冷汁ととり天の定食

やよい軒に「冷汁ととり天の定食」と「ひつまぶし定食」
冷汁ととり天の定食

冷汁ととり天の定食は890円(税込、以下同じ)。やよい軒の冷汁は豆腐ときゅうり、氷の入った冷たい味噌仕立ての汁もの。ごはんを入れたり、別添えのアジの塩焼きをほぐして入れたりすると、暑い夏の食欲がない時でも冷たくさっぱりと食べられる、南国宮崎の知恵がつまった郷土料理です。

本醸造醤、にんにく、生姜でしっかりと下味がついた鶏もも肉に衣をつけて揚げるとり天と一緒に楽しめます。

やよい軒に「冷汁ととり天の定食」と「ひつまぶし定食」
アジの塩焼きやとり天つき

冷汁単品でも280円で注文できるほか、定食のみそ汁を追加180円で冷汁に変更できます。

やよい軒に「冷汁ととり天の定食」と「ひつまぶし定食」
冷汁は単品でも注文できます

なお 「冷汁ととり天の定食」発売にあわせて、6月2~12日の期間限定でキャンペーンが実施されます。やよい軒の公式Twitterアカウント(@yayoiken_com)をフォローし、対象ツイートをリツイートすると応募できます。「やよい軒オリジナル冷感タオル」が50人に、やよい軒の「お食事券1,000円分」が50人に当たります。

ひつまぶし定食

やよい軒に「冷汁ととり天の定食」と「ひつまぶし定食」
ひつまぶし定食

ひつまぶし定食は1,290円。うなぎのかば焼きと錦糸玉子をごはんにのせ、醤油とみりんに深いコクがある甘みのザラメを加えた特製だれと、お茶漬け用のかつおベースの白だしが付けられています。まず特製だれをかけてうなぎを味わい、薬味のねぎとわさびで味の変化を楽しみ、最後に白だしをかけて、だし茶漬けとしてさらっと食べるなど、好みの味わい方ができます。

やよい軒に「冷汁ととり天の定食」と「ひつまぶし定食」
特製ダレに薬味、白だしもついています

香ばしくふっくらとしたうなぎを蒲焼で味わう「うなぎの蒲焼定食」(1,290円)、うなぎを1.5倍に増量した「特うなぎの蒲焼定食」(1,590円)も登場します。2020年の土用の丑の日である7月21日と8月2日にも食べたくなるメニュー。

やよい軒に「冷汁ととり天の定食」と「ひつまぶし定食」
うなぎの蒲焼定食

やよい軒に「冷汁ととり天の定食」と「ひつまぶし定食」
特うなぎの蒲焼定食