京都北白川ラーメン魁力屋「冷麺(冷やし中華)

京都北白川ラーメン魁力屋が「冷麺(冷やし中華)」のテイクアウトを5月16日より開始しました。単品価格780円(税別)、サイズは並のみとなっています。

冷麺(冷やし中華)は、容器の蓋を取り、具材と麺に特製ゴマだれをかけてすぐに食べられるので、調理は不要。具材には、蒸し鶏、きゅうり、錦糸卵、キムチが盛り付けられます。

ツルツル、モチモチののど越しのよい中太麺を使用しているため、特製ゴマだれが絡み易く、食べやすいのが特徴。食べ進めながら、キムチを混ぜることで味変を楽しめます。

販売終了日は未定となっており、店舗の運用状況などにより変更する可能性があります。販売店舗は、全店舗。ただし、北谷店、読谷店、鴫野店、岸田堂店、フードコート店舗を除きます。

販売期間、店舗の運用状況は変更される可能性があるため、最新情報はホームページにて確認されることをお勧めします。

京都北白川ラーメン魁力屋

京都北白川ラーメン魁力屋は2005年に京都の北白川、ラーメンの激戦区で誕生。看板商品は「あっさりしているけれどコクと深みのある京都背脂醤油ラーメン」。ラーメンの「かえし」である醤油ダレは試行錯誤を繰り返し現在の味が完成。スープに合わせる麺は数百種類の中から厳選した小麦粉を使った魁力屋特製の低加水麺。角刃24番で切り出した中細麺、決まった温度と湿度で熟成させることによりスープとのバランスが絶妙な、のど越しの良い麺に仕上がっている。醤油ラーメンと相性抜群なチャーシューは良質な豚のウデ肉を使用。醤油ダレで炊くことでしっかりと味がつき、柔らかく食べやすいのが特徴。

京都北白川ラーメン魁力屋