タカオカから「チョコミントボール」
キャンディでチョコが包まれたチョコミントボール!

高岡食品工(タカオカ)から「夏に食べたいチョコレート」のアンケートをもとに作った新商品「チョコミントボール」が7月に販売されます。べたつかないようミントキャンディにチョコレートが包まれた一品。

タカオカによると、暑いと溶けやすいチョコレートですが、Twitter上では夏にもチョコレートを食べたいといった声があったことから、チョコレート好きに「夏に食べたいチョコレートとはどのようなものか?」とアンケート調査を実施し、それを反映して開発したとのこと。

「溶けてべたつかない」「手が汚れない」ことを実現するため、球形のチョコレートがキャンディに包まれ、更に1粒ずつキャンディ風のひねり包装が施されています。キャンディ層が中身のチョコレートを保護するため溶け出しにくく、ひねり包装のため中身に直接触れずに口に入れられます。キャンディは薄い層になっていて、軽い食感でチョコレートと一緒にそのまま噛んで食べられます。

パッケージにはチャック付きのスタンドパックを採用。バッグの中や机の引き出しなどに入れて、好きな時に少しずつ食べやすいようになっています。

またキャンディ層は清涼感のあるミントキャンディになっています。一般的にチョコミントはチョコレート自体にミントフレーバーをつけたものですが、今回は外層のキャンディ部分がミント味にしあげられていて、口に入れた瞬間爽やかなミントの香りが広がるのも特徴です。