アマビエがラベルのビール「アマビエ IPA」
アマビエがビールに!

サンクトガーレンから、疫病を鎮めるといわれる妖怪アマビエがラベルに使われたIPAビール「アマビエ IPA」が4月28日に販売されます。アマビエのイラストは「もやしもん」「惑わない星」などの作品で知られる漫画家の石川雅之氏が協力したもの。

アマビエがラベルのビール「アマビエ IPA」
「もやしもん」「惑わない星」などの作品で知られる漫画家の石川雅之氏が協力

330ml入り瓶で、アルコール度数7%。想定価格は1本460円(税別)。またサンクトガーレンの直販サイトでは3本セット2,230円(税別、送料込)で取り扱われます。新型コロナウイルスが収束するまで製造され、利益は「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」に随時寄付されます。

アマビエは江戸時代にあらわれたとされる妖怪。長い髪に鳥のようなクチバシ状の口、菱形の目や耳、魚のように鱗があり「疫病が流行ったら、私の絵を描いて人々に見せよ」と言ったと伝えられます。すでにTwitterやInstagramには沢山のイラストやグッズ、お菓子などが投稿されていて、厚生労働省も新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ啓発画像として起用したほど。

サンクトガーレンは夏のビールイベントの中止を報告するSNSへの投稿にアマビエの絵を貼った架空の瓶ビール写真をアップしたところ「本当に発売してほしい」と反響があり、ちょうど工場にイベント用に準備し、行き場を失ったビールがあったことから製造を決めました。

アマビエがラベルのビール「アマビエ IPA」!
利益は「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」に随時寄付

アマビエIPAは柑橘系アロマが特徴の7種類のホップが使われていて、柑橘のような香りがするだけではなく、果汁が入っているのではないかと思わせるジューシーさが特徴。たっぷりの小麦麦芽にオーツ麦も使われたボディはクリーミーかつ滑らかで、後味はドライ。苦さも兼ね備えています。7%という少し高めのアルコールを持ちながらもみずみずしい飲み口で、暑い日向きの一本。