鶏と卵のそぼろ丼

鶏ひき肉を買った時に作っておくと便利な「鶏そぼろ」。冷蔵でも冷凍でも保存できるので、たっぷり作ってアレンジしながら楽しむのがおすすめ。簡単にできる鶏そぼろのアレンジレシピを3つご紹介します。

◆ 鶏そぼろ

・ 材料
鶏ひき肉 300g
しょうゆ 大さじ4~5
砂糖 大さじ2
酒 大さじ1
生姜(チューブでOK) 適量

濃いめの味付けの方がアレンジした時に味がぼやけずおいしいです。

・ 作り方
1. 全ての材料を鍋に入れ、火にかける前によく混ぜておく。

2. 菜箸でほぐすように混ぜながら弱火~中火で炒める。

鶏ひき肉のそぼろ

3. 水分が飛んだら完成。

鶏ひき肉のそぼろ

◆ 鶏そぼろ丼

・ 材料(1人分)
鶏そぼろ 適量
卵 1個
ねぎ 適量
ごはん 茶碗1杯分
塩 小さじ1
サラダ油 適量

・ 作り方
1. サラダ油をひいたフライパンで溶いた卵を弱火で加熱。

2. 菜箸でほぐすように混ぜて塩を加え、8割ほど火が通ったら火を止める。あとは余熱で。

そぼろ状のたまご

3. ごはんの上に温めた鶏そぼろ、卵そぼろ、輪切りしたねぎをのせて完成。

鶏と卵のそぼろ丼

鶏そぼろも卵そぼろもしっとりとした口あたり。ほど良いしょっぱさに卵の甘みが重なり、生姜とねぎが後味を引き締めます。丼3杯くらい食べられそう。味にアクセントが欲しい時は途中で七味唐辛子をかけてもおいしいです。

鶏と卵のそぼろ丼

◆ チゲ風スープ

・ 材料(2人分)
鶏そぼろ 適量
絹豆腐 1丁
小松菜 1/2袋
ぶなしめじ 1/2袋
キムチ 50g
ねぎ 適量
卵 1個
味噌 小さじ1
にんにく(チューブでOK) 適量
ごま油 適量
水 300ml

・ 作り方
1. 小松菜と豆腐はひと口サイズに切り、ねぎは輪切りに。ぶなしめじは石づきを取ってばらす。

2. ごま油をひいた鍋で鶏そぼろと小松菜、ぶなしめじを炒める。

鶏そぼろと小松菜、ぶなしめじ

3. 鍋に味噌、にんにく、豆腐、ねぎを加えて2分ほど煮込む。

鶏そぼろのチゲ風スープ

4. 火を止めてキムチを加え、仕上げに卵をトッピングしたら完成。

鶏そぼろのチゲ風スープ

生姜が効いた鶏肉に、キムチや味噌の旨みが合わさった深みのある味わい。ごま油の香ばしさやにんにくの香りも食欲をそそります。卵を割るとまろやかなコクが加わって、辛みがマイルドに。具材たっぷりで満足感のあるスープです。

鶏そぼろのチゲ風スープ

◆ かぼちゃのそぼろ煮

・ 材料(2人分)
鶏そぼろ 適量
かぼちゃ 1/8個
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ2
水 100ml
水溶き片栗粉 大さじ1

・ 作り方
1. かぼちゃは種とワタを取り除き、ひと口サイズに切る(スーパーでカットされたものを買うと楽)。

2. 耐熱容器にかぼちゃと調味料、水を入れて電子レンジで5分加熱。

カットしたかぼちゃ

3. 耐熱容器に鶏そぼろと水溶き片栗粉を加えて、電子レンジで1分加熱し、全体を混ぜたら完成。

かぼちゃのそぼろ煮

かぼちゃの外側は味が染みており、中はかぼちゃが元々もつ甘みがそのまま。濃い目に味付けた鶏そぼろと合わさることで、塩気と甘さのバランスが取れて絶妙な味わいに仕上がります。じっくり煮込まなくて良いから忙しい日にぴったり。

かぼちゃのそぼろ煮

鶏そぼろがあるだけで、毎日の食事の準備がかなり楽になります。週末にまとめて作り置きしておくと様々な料理で活躍してくれますよ!