「アマビエドーナツ」イクミママのどうぶつドーナツ!

「イクミママのどうぶつドーナツ!」から、「アマビエドーナツ」が神奈川県川崎市元住吉本店と通信販売で販売されています。通販販売価格は、3個セットで1,300円(税込)。

「アマビエドーナツ」は、新型コロナウイルスの終息を願って、3月よりツイッターで広まっている江戸時代の妖怪「アマビエ」がデザインされたドーナツ。アマビエの特徴である「突き出た口」と「うろこ」はチョコペンで描いて表現。「3本のヒレ」はアーモンドが使用されています。ピンク色の部分はいちごチョコ味、紫色の部分はホワイトチョコにムラサキイモパウダーを入れて表現しています。

「アマビエ」は江戸時代の弘化3年、肥後国(熊本県)の海から現れたとされる半人半魚の妖怪。「病気が流行することがあれば、私の姿を絵に描いて人々に見せよ」と告げたと伝えられています。

おうちでのおやつタイムをちょっと楽しくしてくれそうな、イクミママのどうぶつドーナツ!の「アマビエドーナツ」。通販分は冷凍便にて配送。冷蔵庫で約60分おき解凍したのち、さらに常温で5分程度おくとおいしく楽しめます。