崎陽軒で「母の日弁当」
華やか母の日弁当今年も

シウマイの崎陽軒で「母の日弁当」が販売されます。色々なおかずを少しずつ食べたい女性向けに、小さな9つの仕切りの中に多彩な料理が詰められています。5月8~10日の期間、数量限定で取り扱われます。

販売価格は1,250円(税込)。崎陽軒から毎年恒例でこの時期に登場するもので、2020年は11年目を迎えます。

特徴は3種類のごはん。特別な日にぴったりな栗、胡麻塩つきの「赤飯」、ちょっぴり塩味のきいた「桜の花を飾った白飯」、山せりがのったうまみの強い「金目鯛入り茶飯」がそれぞれ味わえます。

崎陽軒に華やか「母の日弁当」
外も中もかわいいしあがりです

このほかのおかずとしては、崎陽軒の看板である「昔ながらのシウマイ」が2個入っているのはもちろん、「有頭海老の具足煮」「帆立酒塩煮」「梅型人参煮」「南瓜煮」「蓮根白煮」「にしん昆布巻き」「黒花豆」「五目豆腐揚げ」「厚焼き玉子」「菜の花漬け」「桜大根漬け」があります。さらにオリジナルメッセージカードもついています。

崎陽軒に華やか「母の日弁当」
オリジナルメッセージカードつき

5月8日には神奈川の一部で、5月9日と10日には神奈川と東京の一部で店頭販売されます。神奈川、東京を中心とした約150店舗では5月8~10日に予約販売も行われ、引き渡し前日の12時まで事前注文が可能。ただし予定数に達し次第終了です。なお、各店舗の営業日時などは公式サイトで最新の情報を確認されることをお勧めします。