吉野家「肉だく牛丼」
牛肉&玉ねぎ1.5倍!

吉野家の「肉だく牛丼」を食べてみました。「牛丼並盛」の1.5倍の牛肉と玉ねぎの量が特徴。お腹をペコペコに減らしてから行っても満腹になります。

吉野家「肉だく牛丼」
牛丼並盛の横へ小鉢に入った牛丼の具がついてきました

販売価格は肉だく牛丼「並盛」が540円。玉ねぎ多めの「ねぎだく」、つゆが多めの「つゆだく」は吉野家でよく牛丼を食べる人ならおなじみの言葉ですが、今回は「肉だく」が頼めるメニューが登場しました。

吉野家「肉だく牛丼」
小鉢の牛丼の具を

価格は通常の牛丼並盛に比べほぼ4割増しですが、肉と玉ねぎが5割増しになる訳ですから、牛丼好きにはうれしい内容。

吉野家「肉だく牛丼」
牛丼の上にのせる!

注文すると牛丼並盛の横に小鉢に入った牛丼の具がついて出てきます。この小鉢の中身を牛丼にうつすと、こんもりと盛り上がった「肉だく」の完成。

吉野家「肉だく牛丼」
どっさりお肉!

ちなみにご飯の量は並盛なので、そこへ小鉢に入っていた分のお肉と玉ねぎから出たつゆがしみると「つゆだく」に近くなります。さらに玉ねぎの量も増えているので「ねぎだく」らしくもあり、実のところ「全部だく」風でしょうか、

箸でわしっと具をつかむとそのボリュームがはっきり感じられます。味はもちろんいつもの吉野家の牛丼。甘味があって肉のうまみの出た、なじみぶかい食べ心地です。

好みでテーブル備えつけの七味唐辛子や紅ショウガを加えて味を変えつつ、丼を空にする頃にはすっかり満腹に。心ゆくまで楽しむためには、朝や昼に一食抜いてもかまわないかもしれません。