はなまる「とろ玉牛肉ぶっかけ」

はなまるうどんで始まった「とろ玉フェア」。対象メニューの1つ「とろ玉牛肉ぶっかけ」を食べてきました。甘じょっぱく味つけした牛肉を、「とろろおくら」や生玉子をからめてまろやかに味わう一杯です。

販売価格は「小」サイズが649円(税込)。はなまるの小サイズは、しっかり一食分の量があるので今回はそちらを注文します。カウンターで丼を受け取ったら、支払いを済ませてから、自由に追加できるトッピングの揚げ玉と生姜おろしをそれぞれひとさじずつかけます。

基本のトッピングは牛肉、玉子、とろろおくらという簡素な構成。牛肉は牛丼の具を思わせる脂もしっかり入った薄切りで、ビーフのうまみはもちろん、醤油ベースで濃いめの味つけがしてあります。そのままうどんと一緒に頬張ってもよいのですが、折角なのでほかの具材とからめてみます。

はなまる「とろ玉牛肉ぶっかけ」

玉子はぷるりと黄身だけがのせられていて、見た目も鮮やか。箸で割ってとろろやうどんにしっかり混ぜて味わいたいトッピングです。

はなまる「とろ玉牛肉ぶっかけ」

とろろおくらは、すりおろした山芋(やまいも)の白に、五角形に見えるようカットしたおくらの緑が映えます。

はなまる「とろ玉牛肉ぶっかけ」

まずは玉子ととろろおくらを合わせてから、薄切りの牛肉にたっぷりとつけてひと口。甘じょっぱい肉の味つけがふんわりと和らいで、ねばねばつるつる感ともあいまって、いっそう食べやすくなっています。

はなまる「とろ玉牛肉ぶっかけ」

うどんと一緒にたぐると、淡泊でコシのある麺ととろろおくら、牛肉が一つになって箸が進みます。さくさくの揚げ玉との相性もよし。なお生姜おろしは香りも味も強いので、とろろと玉子のまろやかさに合わせるかどうかは好みによります。

はなまる「とろ玉牛肉ぶっかけ」

ねばとろ系も、どっさりの肉も、どちらもまとめて楽しめてお得な気持ちになれる一杯でした。なお温かい麺も冷たい麺もよく合うので、これから気温の上がる季節にもぴったりです。