妖怪「アマビエ」をラテアートにして飲んでみた
アマビエをラテアートに!

ちまたで人気の妖怪「アマビエ」をお店でラテアートにしてもらって、飲んでみました。東京・原宿のラテアートカフェ「Reissu(リシュー)」で注文した一杯です。

アマビエとは、かつて海から現れたという人魚のようなキャラクター。江戸時代末に当時の読み物「瓦版(かわらばん)」が取り上げて注目を浴びました。時間とともに話題はやがて収まりましたが、160年が過ぎた今になって、ふとしたきっかけで再び大きく脚光が当たりました。

妖怪「アマビエ」をラテアートにして飲んでみた
出典:『新聞文庫・絵』(京都大学附属図書館所蔵)

くだんの瓦版は、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの「新聞文庫・絵」のコーナーで公開中です。挿絵の横に添えてある文章を読み解くと次の通り。

弘化3年(1846年)4月中旬に肥後国(熊本県)で毎夜、海中に光る物体があらわれたため、役人が行って見ると、そのものは「私は海中に住むアマビエと申す者なり。当年より6ヶ年の間は諸国で豊作だが疫病も流行するので私を写して人々に見せなさい」と告げて海へ帰っていた。役人はその姿を写して江戸へ送った。

実に謎めいていますが、TwitterやInstagramではユーモラスな姿を絵やぬいぐるみにして投稿する人が次々と登場しています。それではと、今回はアマビエをラテアートにしてもらうことに。

原宿リシューへ

妖怪「アマビエ」をラテアートにして飲んでみた
原宿「リシュー」へ

ラテアートを作ってもらう原宿リシューは、JR原宿駅または東京メトロ明治神宮駅からあるいて数分の場所にあります。ビルの2階ですが、階段の下に看板が出ていますのですぐわかります。

時間帯によっては満席で、すこし待つこともありますが、お店の中はくつろげる雰囲気です。

アマビエラテアート

妖怪「アマビエ」をラテアートにして飲んでみた
アマビエラテアート

ラテアートはいろいろな飲み物で注文できますので、キャラメルラテを選びました。値段は合計1,100円(税込)。

お店の人にお願いしてラテアートを作るところも拝見することに。お店にいるアーティストが巧みな手つきでアマビエの不思議な姿を泡の上に描いてゆきます。

この投稿をInstagramで見る

妖怪「アマビエ」をラテアートにして飲んでみた! . アマビエとは、かつて海から現れたという人魚のようなキャラクター。江戸時代末に当時の読み物「瓦版(かわらばん)」が取り上げて注目を浴び、今になって再び脚光が当たっているのだとか。 . ラテアートは東京・原宿のラテアートカフェ「Reissu(リシュー)」で注文。お店にいるアーティストが、キャラメルラテの上に巧みな手つきでアマビエの姿を描いてゆきます。価格は1,100円(税込)。 . ラテはふんわりやさしい口あたり。ほのかな甘さとキャラメルの香り、コーヒーの味が一つになって心地よく感じられます。#えん食べ #ラテアート #アマビエ #妖怪 #キャラメルラテ #江戸時代 #カフェ #原宿 #原宿カフェ #ラテアートカフェ #東京カフェ #カフェ巡り #カフェ好き #リシュー #reissu #reissucafe #cafe #latteart #latte #coffee #caramellatte #harajuku #tokyo

えん食べ(@entabejp)がシェアした投稿 -


髪の毛から鱗、くちばしや目まで、大昔に肥後国の役人が写しとったという妖怪の姿が細やかに再現されていくようすは、神々しささえ感じるほどです。

妖怪「アマビエ」をラテアートにして飲んでみた

できあがったラテアートはテーブルに運ばれます。あらためてながめると、アマビエはとても面白い顔をしています。このどこか気の抜けた表情が人気の秘密かもしれません。

妖怪「アマビエ」をラテアートにして飲んでみた
お菓子のパッケージにいそう

妖怪「アマビエ」をラテアートにして飲んでみた
逆から見ても面白い顔

妖怪「アマビエ」をラテアートにして飲んでみた
鱗まで見事にラテアートで再現されています

絵柄は簡単には崩れないので、まずはアマビエのはしっこをすくってぱくり。ふんわりやさしい口あたりとほのかな甘さ、キャラメルの香りとコーヒーの味が一つになって心地よく感じられます。

妖怪「アマビエ」をラテアートにして飲んでみた
アマビエのはしっこをスプーンで

妖怪「アマビエ」をラテアートにして飲んでみた
ふわふわの泡の下にラテ

泡の下にあるラテもほっこりしたおいしさ。あとはカップに直接口をつけてごくごくとアマビエを飲みほしてゆきます。すっかり空になるころには、暗いニュースに負けない元気が湧いてきた、ような気がします。しかし、まさかアマビエも160年後にラテアートになって飲まれるとは、思ってもみなかったかもしれません。
ラテアートカフェ「Reissu(リシュー)」
住所:東京都渋谷区神宮前3-25-7