つけっぱなしでも苦くなりにくいティーバッグ「ボトルにポン」

エコ的観点や経済性から、近年注目されている「マイボトル」。ティーバッグを入れて持ち歩きたいけれど、長時間入れておくとお茶が抽出されすぎて苦くなってしまいませんか?

これを解消してくれるマイボトル用ティーバッグ『ボトルにポン』シリーズが、伊藤園から3月16日に発売されます。ラインナップは「ボトルにポン 緑茶」と「ボトルにポン むぎ茶」の2種類。

「ボトルにポン 緑茶」「ボトルにポン むぎ茶」は、ともに苦味が出にくい独自原料を選定。通常の製法で作られるものに比べて、長時間つけっぱなしでも苦くなりにくく、一度飲み終えたら水を注ぎ足ししても最後までおいしく飲むことができます(きれいに洗浄した保冷ボトルに常温水で作った場合、約8時間を目安として飲み切ることが推奨されています)。

つけっぱなしでも苦くなりにくいティーバッグ「ボトルにポン」

また、ティーバッグの形状は小容量のマイボトルでも入れやすい、細長いスティック状の“スマートティーバッグ”を採用。出かける前にマイボトルにティーバッグを入れ、水を注ぐだけで簡単にお茶が作れます。

想定価格は、「ボトルにポン 緑茶」が25g(10袋)入りで300円、「ボトルにポン むぎ茶」が36g(12袋)入りで300円、いずれも税別です。