やよい軒「貝汁としまほっけの定食」
あさりたっぷりの貝汁

定食レストラン「やよい軒」で「貝汁としまほっけの定食」を食べてきました。うまみたっぷりの貝汁と、脂ののったしまほっけが目玉。さらにから揚げと天ぷらの中間のような「とり天」もついた豪華な定食です。

やよい軒「貝汁としまほっけの定食」
ボリューミーなおかずが2種類。汁物は豚汁との2択です

販売価格は890円(税込)。豚汁か貝汁を選べるのですが、今回は後者にしました。たっぷりのあさりから出る濃厚な旨味とみその風味が楽しめます。

やよい軒「貝汁としまほっけの定食」
貝汁にしました

貝汁はぎっしり入ったあさりが豪華。身はきゅるきゅると歯ごたえがあって噛むたびうまみが口にあふれます。しかし、貝の風味の濃さという点ではあさりそのものよりも、つゆの方がまさるかもしれません。

やよい軒「貝汁としまほっけの定食」
あさりの身が食べごたえあります

全体に貝のうまみがたっぷり出ていて、椀に口をつけると、味覚が貝で埋め尽くされるかのよう。あさりを茹でると殻の中に濃いダシが出ますが、みそ汁がまるごとあの味になったような印象です。

やよい軒「貝汁としまほっけの定食」
脂ののったしまほっけ

しまほっけは注文があってから焼き上げるようになっていて、脂の乗った切り身がこんがりと火の通った状態で登場します。添えてある大根おろしに醤油をひとたらししてから箸で切り身を裂いて一緒にほおばると、魚のうまみと大根のさわやかさ、醤油の風味が一度に味わえます。ご飯にはぴったりの相棒。これだけでおかずとしては十分な量があります。

やよい軒「貝汁としまほっけの定食」
添えてある大根おろしに

やよい軒「貝汁としまほっけの定食」
お醤油をたらして

やよい軒「貝汁としまほっけの定食」
いただきます

とり天は、醤油とニンニク、ショウガで下味をつけた 鶏もも肉に衣をつけてサクッと揚げた大分の郷土料理。から揚げと天ぷらの中間のような味です。詳細については以前レビューを行った「とり天定食」の記事をご参考にどうぞ。ポン酢がかかっていますので、好みでからしをつけてほおばると、「大分流」の食べ方ができます。

やよい軒「貝汁としまほっけの定食」
から揚げと天ぷらの中間、とり天

やよい軒「貝汁としまほっけの定食」
からしをつけてぱくっ

とり天は2きれついてきますが、1きれ1きれが大きく食べごたえがあります。やよい軒は白米のおかわりが自由なので、しまほっけととり天でそれぞれ1杯ずつ食べるのもありです。