伝説のすた丼屋「ワイルドチャーシュー合盛りすた丼」

丼チェーン「伝説のすた丼屋」で「ワイルドチャーシュー合盛りすた丼」を食べてきました。しっとりしたチャーシューに、ふんわりしたすた丼の具、2種類の豚肉の組み合わせが楽しめるボリューミーな一杯です。

伝説のすた丼屋「ワイルドチャーシュー合盛りすた丼」

販売価格は950円(税込)。茶碗約3杯分のご飯に、山盛りの茹でもやしと、すた丼の豚バラを並盛りと同量、7年ぶりの復刻となる大判チャーシューを2枚のせたものです。チャーシューにも合うように、香辛料を加えた醤油ベースのタレに、かば焼きのタレを加えた「特製濃厚甘辛醤油タレ」も特徴。

伝説のすた丼屋「ワイルドチャーシュー合盛りすた丼」

今回は並盛で挑戦してみました。これぞカロリーの塊というおもむきの丼が運ばれてきます。しかし、あくまで一食分ちょうどの分量にまとまっていて、十分お腹を減らしてゆけば、ちゃんと平らげられそうです。

伝説のすた丼屋「ワイルドチャーシュー合盛りすた丼」

チャーシューは脂がしっかり入っていて、肉質もやわらかくジューシー。薄切りですがきわめてサイズが大きく2枚ですっぽり丼をおおえます。タレの甘辛い味としっかりなじんで、ご飯のおかずとして最適です。備え付けの調味料なら七味唐辛子も合います。

伝説のすた丼屋「ワイルドチャーシュー合盛りすた丼」

豚バラはふんわりした食感ですが、こちらも脂が入って肉のうまみはちゃんと感じられます。すた丼らしくニンニクの香りがきかされていて、チャーシューとの風味の違いははっきりしています。

伝説のすた丼屋「ワイルドチャーシュー合盛りすた丼」

伝説のすた丼屋「ワイルドチャーシュー合盛りすた丼」

どちらもモヤシや刻みノリと一緒にほおばるとさっぱりと食べやすく、別添の玉子を割り落としてからめるとまろやかに。味が変化して飽きが来ません。

伝説のすた丼屋「ワイルドチャーシュー合盛りすた丼」

伝説のすた丼屋「ワイルドチャーシュー合盛りすた丼」

ただ、丼の底まで空にしたあとは満腹感にしばらく動きたくなくなります。みそ汁やお冷を飲みつつ、しばらく余韻にひたる時間が快い、がっつり系メニューでした。