幸楽苑「名古屋コーチンらーめん」
焼き鳥+ラーメン!

幸楽苑の期間限定メニュー「名古屋コーチンらーめん」を食べてみました。チャーシューの代わりにゴロゴロの焼き鳥が濃厚な鶏がらスープに浮かんだ、チキンづくしの一杯。3月11日までの期間限定での取り扱いです。

幸楽苑「名古屋コーチンらーめん」
ゴロゴロ焼き鳥!

価格は840円(税込)。焼き鳥とラーメンをひとつにした欲張りな料理で、トッピングはほかにメンマ、刻みネギ、小松菜という内容です。

幸楽苑「名古屋コーチンらーめん」
刻みネギ

幸楽苑「名古屋コーチンらーめん」
メンマ

幸楽苑「名古屋コーチンらーめん」
小松菜

主役は何といっても鶏がらスープで、レンゲですくって香りをかぐと濃厚なチキンの香りがただよいます。でもいざ口をつけると、鶏白湯などと異なり、鶏の主張だけが強烈という訳ではなく、醤油の風味などもちゃんとして、幸楽苑のラーメンらしい、穏やかなしあがりです。

幸楽苑「名古屋コーチンらーめん」
鶏がらスープ

焼き鳥はもも肉とむね肉の両方を使っていて、ひと口ごとに食感や風味が変わります。麺と交互に口へ運びながら、スープとの相性を楽しむのがお勧め。

幸楽苑「名古屋コーチンらーめん」
焼き鳥はちょっぴりスモーキー

小松菜やメンマ、刻みネギはそれぞれ個性ある歯ざわりがして、鶏がらの味ともよくなじんで楽しく食べられます。麺もよくスープにからんで、たぐっているとしみじみとうまみが感じられます。

幸楽苑「名古屋コーチンらーめん」
麺は鶏がらスープによくからみます

全体におっとりとしたしたてになっているので、調味料はラー油などを垂らすよりも白コショウが合います。スープは薄味という訳ではありませんが舌にやさしいので、具材と麺を食べ終わったあと、すべて飲み干したくなるのがちょっと危険な誘惑でした。