吉野家「ライザップ牛サラダ」

吉野家から販売されている、高たんぱく質、低糖質メニュー「ライザップ牛サラダ」をゆるっと糖質制限中の筆者が実際に食べてみました。気になる糖質量はもちろん、味や満足度をチェック!

■吉野家「ライザップ牛サラダ」
吉野家の高たんぱく質、低糖質メニュー「ライザップ牛サラダ」は、定番の吉野家の牛肉だけでなく、鶏肉、ブロッコリー、半熟玉子とバランスよくたんぱく質が摂取できるメニュー。ライザップ公認栄養価の基準を満たす「高たんぱく質、低糖質」はもちろん、一食で1日に必要な野菜量の3分の1が摂取できます。

吉野家「ライザップ牛サラダ」

吉野家「ライザップ牛サラダ」
ライザップ牛サラダ

糖質量は一皿12.2g。お米が使用されていない分、大幅に糖質カット。カロリーも、牛丼(並)が652kcalなのに対し、ライザップ牛サラダは414kcalと低カロリーになっています。

【ライザップ牛サラダ】
・カロリー 414kcal
・たんぱく質 30g
・脂質 27g
・糖質 12.2g
・食塩相当量 2g

価格は一皿500円(税別、以下同じ)。ワンコインで、牛肉、鶏もも肉、玉ねぎ、ブロッコリー、キャベツ、豆類、半熟玉子が一度に摂取できるのは嬉しい!お好みで、牛肉増し(102円)、キムチ(102円)、納豆(84円)、チーズ(102円)、野菜増し(84円)などをトッピングしても。

■たんぱく質をバランスよく
まずは別添のドレッシングをひとまわし。一食300g超えと、見た目のボリュームも十分です。正直最初は「お米が無くて物足りなくないかな……?」と思っていましたが、キャベツたっぷりで、実際に食べてみるとなかなかの満足度。よく噛む食材が多いのと、お肉が2種入っているからかもしれません。

吉野家「ライザップ牛サラダ」

吉野家「ライザップ牛サラダ」

牛丼を食べたときの“ガッツリ食べたな感”とまでは行きませんが、お腹は十分満たされますし、身体に良い食事を取れた満足感も味わえます。これで一皿500円ならコスパも◎!

吉野家「ライザップ牛サラダ」

また、エビとアボカドが加えられた「ライザップ牛サラダエビアボカド」も登場。価格は600円。まろやかさ&なめらかさをプラスするアボカドに、ぷりぷりのエビが加わることで、さらにボリューミーに。

吉野家「ライザップ牛サラダエビアボカド」

吉野家「ライザップ牛サラダエビアボカド」
ライザップ牛サラダエビアボカド

【ライザップ牛サラダエビアボカド】
・カロリー 440kcal
・たんぱく質 32.9g
・糖質 11.4g
・食塩相当量 2.2g

吉野家「ライザップ牛サラダエビアボカド」

提供も比較的早く、野菜たっぷり、お腹も満たされてワンコインで楽しめる、吉野家の「ライザップ牛サラダ」。一般的な低糖質メニューに比べてコスパも良いため、日々の食事に取り入れやすいのが嬉しいポイントです。糖質制限中、外食に悩んだ際にいかがでしょう?

■吉野家「ライザップ牛サラダ」
:80点(半熟玉子の黄身とドレッシングを具材に絡めると美味しさアップ)
ボリューム:75点(お米が使われた牛丼ほどではないものの、食べ応え〇)
コスパ:85点(低糖質メニューを500円~600円で楽しめるのは嬉しい!)
糖質量:75点(お米をキャベツに変えることで大幅にカット)
満足度:85点(日々の生活に取り入れやすい低糖質メニューです)