「博多もつ鍋やまや」ランチ
辛子明太子、辛子高菜、ご飯、おかわり自由!

やまやの辛子明太子、からし高菜が食べ放題で人気の「博多もつ鍋やまや」のランチを食べました。ご飯のおかわりも自由です。メインのメニューも、九州・博多の郷土料理が楽しめる贅沢な内容です。

「博多もつ鍋やまや」ランチに挑戦
辛子明太子、からし高菜、ご飯おかわり自由の店へ、今!

博多もつ鍋やまやは、もつ鍋を中心に打ち出していますが、博多の郷土料理を数多くそろえるチェーン。今回はお昼時に東京・大崎にある店舗で、「がめ煮(筑前炊き)定食」を注文しました。前払い式で、価格は1,300円(税込)でした。

「博多もつ鍋やまや」ランチ
がめ煮定食を注文

テーブルに備えつけのきれいな手毬のような焼きものの容器に、ぷりぷりの辛子明太子とからし高菜が入っています。「博多もつ鍋やまや」ではこれらのおかずと、白飯が、おかわり自由。容器の中が空になっても、お店の人に頼めばまた持ってきてくれます。

「博多もつ鍋やまや」ランチ
主菜そっちのけで「明太子丼」を作る!

辛子明太子は鮮やかな緋色で、真っ白なご飯にのせると色どり豊か。普段ならひときれ、ふたきれを小鉢につけて楽しむと思いますが、ここでは山盛りにし「明太子丼」として食べられます。

「博多もつ鍋やまや」ランチ
これがおかわり自由とは

つぶつぶの舌ざわりと歯ざわりに、魚卵の濃厚なうまみ、トウガラシの辛味と香りが合わさって、ごはんが進みます。すぐにお腹いっぱいにならなないよう、なるたけ一度に頬張るご飯を少なく、辛子明太子、からし高菜を多く楽しみたいところ。

「博多もつ鍋やまや」ランチ
がめ煮もおかずとして抜群。明太に集中させてくれない!

一方、がめ煮は鶏肉に赤いニンジン、コンニャク、ゴボウ、シイタケ、緑のキヌザヤなどさまざまな具材がぎっしり入って、味は濃すぎず薄すぎず、やはりご飯のおかずにぴったり。

やまやの辛子明太子、からし高菜が食べ放題だけでも十分に幸せですが、がめ煮も軽く茶碗いっぱいの白米が食べられるできばえです。小鉢のレンコンも小気味よい食感で、辛子明太子、からし高菜だけに集中させてくれないのが、ちょっとだけうらめしい気分になります。