大戸屋「連子鯛の炭火焼き定食」

和定食を中心にした「大戸屋ごはん処」各店舗で、「連子鯛の炭火焼き定食」が2月8日より販売されています。

連子鯛(レンコダイ)はキダイともいい、帯状の淡い黄色い線が入った魚で、マダイと同じ鯛の仲間の白身魚。おめでたいときなどの焼き物に重宝されていた魚。

連子鯛は、漁獲量日本一という長崎県産のものを使用。旬の時期に水揚げされ、鮮度を保ちながら下処理されたうえ、店内で炭火で時間をかけて丁寧に焼きあげられ、うまみが引き立てられている。

炭火の遠赤外線効果で、皮はパリッと、身はふっくらして、独特の香ばしい風味も加わり、味わい深く焼きあがる。大戸屋の用意するおろしたての大根おろしと一緒に楽しめます。

カロリーは576kcal、塩分は4.3g。販売価格は1,000円(税込)。なお一部の店舗では、直火焼きになる場合があるのでご注意を。