まとめ買いしたら試したい!ヨーグルトの冷凍保存方法
ヨーグルトは冷凍保存できます。冷凍下なら約1か月保存可能。砂糖を加え、よく混ぜ合わせるのがポイントです。
原材料 ヨーグルト、砂糖
ツール タッパーまたはフリーザーバッグ
作業時間 10分
1. ヨーグルト100gに対し大さじ2の砂糖を加える
2. ヨーグルトと砂糖をよく混ぜ合わせる
3. タッパーやフリーザーバッグなど密閉容器に入れる(使いやすい分量で)
4. 冷凍庫で凍らせる
5. 常温または電子レンジで解凍して食べる

ヨーグルトの冷凍保存

朝食の定番ヨーグルト。特売の際にまとめ買いしたいけど、賞味期限切れが怖い…。そんな時は冷凍するのも一つの手です。おすすめの方法をご紹介。

ヨーグルトの冷凍保存

用意するもの

ヨーグルト、砂糖、タッパー

手順

無糖ヨーグルト100gに対し小さじ2の砂糖を加える。加糖タイプはそのままでOK。

ステップ1 ヨーグルト100gに対し大さじ2の砂糖を加える

ヨーグルトと砂糖をよく混ぜ合わせる。

ステップ2 ヨーグルトと砂糖をよく混ぜ合わせる

タッパーや保存袋などで密閉し、冷凍庫へ。この状態で1か月ほど保存可能。

ステップ3 タッパーやフリーザーバッグなど密閉容器に入れる
タッパーやフリーザーバッグなど密閉容器に入れる

ステップ4 冷凍庫で凍らせる

食べる際は常温で1時間程度置くか、電子レンジの解凍モードで解凍。朝食べる場合は前日夜に冷蔵庫に移しておくと良いですね。

ステップ5 常温または電子レンジで解凍して食べる

ポイントは砂糖を入れ、ヨーグルトから水分が分離するのを防ぐこと。砂糖を入れずプレーンのまま冷凍すると、解凍したとき舌ざわりがザラっと悪くなってしまいます。

ヨーグルトの冷凍保存
左:砂糖を入れたもの 右:砂糖を入れなかったもの

ヨーグルトの冷凍保存
砂糖を混ぜないとヨーグルトから水分が分離し、

ヨーグルトの冷凍保存
ザラザラ&水っぽい口あたりに

砂糖を入れたものは、冷凍前に比べややなめらかさが失われますが、ほぼそのままのおいしさ。糖分であればよいので、ジャムやはちみつを使ってもOKです。

ヨーグルトの冷凍保存
砂糖を混ぜると、食感の変化が抑えられます

ふと表示を見たら賞味期限直前。慌てて食べ切りお腹を壊す…なんてことのないように。ヨーグルトの冷凍、取り入れてみてはいかがでしょう?