ノザキのコンビーフ リニューアル

「ノザキのコンビーフ」が70年ぶりにパッケージをリニューアル。従来の“枕缶”から、より使いやすくバリア性に優れた“アルミック缶”で3月16日に新発売する。

ノザキのコンビーフリニューアル

ノザキのコンビーフは、国産コンビーフ第一号として1948年に発売。現在に至るまで愛されるロングセラー商品だ。

発売開始当初は瓶詰。その2年後より、台形型とくるくる回しながらオープンする“巻き取り鍵”が特徴の“枕缶”で販売されてきた。コンビーフといえば「牛のマークがついた台形の缶詰」を思い浮かべる人も多いのではないだろうか。

ノザキのコンビーフリニューアル
巻き取って開ける“枕缶”

3月より販売される新パッケージでは、おなじみの牛のマークと枕缶の台形イメージは残しつつ、新たに“アルミック缶”を採用。缶詰同様に空気の侵入による製品の劣化を防ぎ、優れたバリア性を備えている。さらにフタを開けやすくけがの心配のないシールフタにチェンジ。

ノザキのコンビーフリニューアル

内容は100gから80gに変更。量が多すぎるという声や現代の家族構成・食事シーンを考慮した。

また併せて「ニューコーンミート」「脂肪分50%カットコンビーフ」「ご飯にめちゃいける 和風コンビーフ」もリニューアルされる。