ロッテリアに「ジビエ 鹿肉バーガー(ラグーソース)」

ロッテリアでは「ジビエ 鹿肉バーガー(ラグーソース)」が限定販売されます。スパイスをたっぷりきかせたソースで鹿肉のうまみを引き出す味つけになっています。

価格は単品で720円(税別)。11月29日を「イイニクの日」として全国123店舗で取り扱いが始まり、「年に一度のご褒美バーガー」として堪能できるとか。これに先立ち22日より東京、名古屋、大阪の6店舗でも先行販売されます。

主たる具材には、牛肉や豚肉に比べて高タンパク、低カロリーで鉄分豊富といわれている鹿肉が全体の6割に使われ、さらにパン粉やナツメグなどの香辛料が加えられ、より本格的に鹿肉の風味とうまみを味わえるハンバーグパティにしあげられています。

さらに味の決め手となるソースには、鹿肉の旨味を引き出すガラムマサラや数種類のスパイスを加えた鹿肉ラグーソースが採用され、レタス、トマト、オニオンとともにバンズで挟まれています。

ロッテリアでは、まず2016年に北海道産ジビエ「エゾ鹿」が使われた「エゾ鹿バーガー」が、また2019年1月にも大分県、熊本県産の鹿肉が使われた「ジビエ 鹿肉バーガー(BBQ&チーズソース)」が期間限定されています。新たに登場するジビエ 鹿肉バーガー(ラグーソース)は、農林水産省制定「国産ジビエ認証」基準を満たす長野県の工場で処理された鹿肉が使われるとのことです。