無印にギフトむけ板チョコ
ドライフルーツぎっしり

無印良品からクリスマスやバレンタインに贈れるギフトチョコレート4種類が販売されています。全国の店舗と直販サイトでの取り扱いです。

いずれもバナナやクランベリーなど食べ応えのある素材がぎっしり詰まった板チョコレート。またグリム童話「ヘンゼルとグレーテル」に出てくる「お菓子でできた魔女の家」が手作りできるキットも販売されます。

板チョコ4種類はすべて1個290円(税込、以下同じ)。まず「ホワイトチョコレート」はフリーズドライのフランボワーズがホワイトチョコレートに入れられています。香りのよさとミルク感が特徴。

「ミルクチョコレート」はドミニカ産カカオ35%のミルクチョコレートに、バナナチップが入れられています。香りと酸味のバランスの良さが特徴。

「カカオ65% チョコレート」はオレンジピールとアーモンドが、カカオ65%のチョコレートに入れられています。酸味の強さが香りを引き立てます。

「カカオ80% チョコレート」は名前の通りのカカオ80%チョコレートに、クランベリーが入れられていて、どっしりとした重厚感のある味わいです。

お菓子でできた魔女の家が作れるキットのうち「自分でつくる 生地からつくる ヘクセンハウス」は1,190円。クッキーを焼き、アイシングで組み立てる作りで、プレーン、ココア、抹茶と色合いの異なる3種類のクッキーでアレンジが楽しめます。

「自分でつくる 組み立てる ヘクセンハウス」は1,490円。すでに焼いてあるバニラ味のクッキーパーツ、アイシングパウダー、絞り袋、サンタの砂糖菓子のセットで、アイシングを作ってクッキーを組み立て好みのデコレーションをするもの。

なお無印良品の店舗では、贈り物用に12月中旬より数量限定でラッピング用アイテムも配布されます。