池袋の「HANABAR」

池袋駅C2出口から徒歩約2分の場所にある「HANABAR」。ドライフラワーにかこまれたロマンティックな空間で、“エディブルフラワー(食用花)”が使用されたメニューを楽しめるカフェ&バーです。

池袋の「HANABAR」
HANABAR

バータイムには、クラフトビールや赤ワイン、お花を使用したオリジナルカクテルなどを、ランチタイムには、エディブルフラワーが使用されたイエローカレーやタコライスに、アンチャンティー(バタフライピー)をセットで提供しています。今回はランチタイムに訪れました。

様々なドライフラワーが飾られた店内は、まるで魔女の隠れ家のようなメルヘンチックな空間。店内はやや狭く、座席数は14席。テーブル席は4名までのため、来店の際は小人数がおすすめです。

池袋の「HANABAR」
雰囲気ある~!

池袋の「HANABAR」
天井にもドライフラワーが

■華やかなメニュー
ランチメニューの「タコライス」と、ソフトドリンクに「アンチャンティー」を注文。価格はフード950円、ドリンクは550円(アンチャンティーはセットで300円オフ)。

池袋の「HANABAR」
メニュー

池袋の「HANABAR」
タコライス

タコライスは、スパイスと炒めたミートと、さっぱりとしたトマトとアボカド、さらにクリスピーオニオンが組み合わされたメニュー。半熟の卵がトッピングされています。

池袋の「HANABAR」

美しい花びらが散りばめられた可愛らしいタコライスには、フレッシュな野菜がたっぷり。スパイスの風味と、まろやかな半熟卵の旨みがよく合う~!ボリュームもほどよく、女性に嬉しい一皿です。

池袋の「HANABAR」

アンチャンティーは、青いお花から抽出された青いお茶。味や香りにクセがなく、アンチエイジングに効果があり、特に肌や髪によく、眼精疲労には即効性があるそうです。※子宮収縮作用があるため妊娠中の方はお控えください

池袋の「HANABAR」
綺麗なブルーが、

淡いブルーのドリンクにレモン汁を注ぐと…、美しいパープルに変化!風味はほとんどないため、お好みでローズヒップ酢を注いでアクセントをつけても。色の変化とグラデーションが楽しめるキュートなドリンクです。

池袋の「HANABAR」
パープルに変化!

池袋の「HANABAR」
夕暮れの空みたい

池袋の「HANABAR」

■お花のオリジナルカクテルも
また、エディブルフラワーがトッピングされたお花のカクテルもおすすめ!ランチタイム限定の「ラスト・ローズ」は、爽やかな炭酸とバラの上品な香りが楽しめる一杯。リラックス効果と美肌効果があるそうです。価格は1杯900円。ノンアルコールに変更も可能。

池袋の「HANABAR」
ランチタイム限定のラスト・ローズ

一口飲むと、豊かなバラの香りとほんのりとした甘みが鼻を抜けていきます。花びらも食べられますが、ちょっとえぐみが残るかも。見た目も可愛らしく、身体の中から綺麗になれそう(?)な一杯です。

池袋の「HANABAR」
バラの香りにうっとり

また、エディブルフラワーが散りばめられた「お花のクッキー」もおすすめ!ヘーゼルナッツがたっぷり入ったアイシングクッキーと、アーモンドショコラクッキーの2種が入っています。価格は1袋400円。プチギフトにしても喜ばれそうですね♪

池袋の「HANABAR」
厚みのあるクッキー

池袋の「HANABAR」
もちろん、ここにもお花が!

女子会はもちろん、デートにもおすすめな池袋の「HANABAR」。ロマンティックな空間で、華やかなメニューを楽しんでみてはいかがでしょうか?

■HANABAR
住所:東京都豊島区西池袋3-30-6