菓匠 鈴屋将経「タピどら」

タピオカブームにのって、さまざまなタピオカドリンクやスイーツが世に放たれていますが、タピオカ系の和菓子ってあまり見かけないですよね?そんな中、スーパーで「タピどら」という商品を見つけたのでその心意気を買いました!

菓匠 鈴屋将経「タピどら」
タピどら、どんな味?

京都の菓匠「鈴屋将経」から販売されている、タピオカミルクティーをイメージしたどら焼き。生地は和三盆糖と三重県産小麦を使って焼き上げられています。中に挟まれた餡は、香り高いアールグレイと北海道産牛乳が練り込まれた“紅茶餡”。餡の中にはブラックタピオカもごろごろ入っています。

菓匠 鈴屋将経「タピどら」
ブラックタピオカが入っています

割ってみると、あんがやや明るい茶色をしています。これが紅茶餡…。

ひと口かじると、生地はふっくらしっとりきめ細かい口あたり。いつものどら焼きかな?と思いきや、すぐにミルクティーのさわやかな香りとまろやかな甘みが広がります。不思議なおいしさ~!

菓匠 鈴屋将経「タピどら」

そして歯に当たるのは、ぽよんと弾力のあるタピオカ。こんにゃくタイプでモチモチ感は弱めですが、思った以上にたくさん入っているので嬉しくなります。これけっこう美味しい…!

好みは分かれるかもしれませんが、個人的には嫌いじゃない。和菓子とタピオカの組み合わせってアリなんだなという意外な発見と、何事もチャレンジしてみるもんだなという勇気をこのタピどらからもらいました。