てんや「すて~きなビーフ天丼」
箸で衣をはいでみると、中からミスジ肉が

天丼てんやの肉天丼シリーズに登場した「すて~きなビーフ天丼」を食べてみました。「ミスジ」という部位を使った天ぷらは、噛むと衣の中から牛肉のうまみがあふれ、しかもさっくり噛み切れるやわらかさです。

てんや「すて~きなビーフ天丼」
ボリュームたっぷり

価格は850円(税込)で、カロリーは実に1,189kcal。ミスジ肉をガーリックバターの下味に漬け込み、やわらかくジューシーなまま揚げた「ビーフ天」に、ポテトサラダを丸ごと天ぷらにした「ポテサラ天」、「キャロット」「いんげん」の天ぷらがついて、ステーキプレートを連想させます。さらに通常の天丼のたれに加えて、独自のステーキソースを追いがけしてある念の入れよう。

てんや「すて~きなビーフ天丼」
ステーキ、いや高級焼肉?

さっそく箸をつけてみます。まず主役のビーフ天は3枚ついていて大ボリューム。かじると外はサクサク、中の肉は薄切りで簡単に噛み切れ、汁気たっぷり。

ガーリックの風味とミスジのうまみがからみあって、まさしくステーキ、と言いたいところですが、正直な感想としては、打ち上げの時に奮発して頼むような高級な焼肉に衣をつけて揚げたもの、という印象。

肉が薄くスライスしてあること、ニンニクがしっかりきいていること、そしてミスジの強い個性とがあいまって、焼肉感あふれる天ぷらになっています。

ポテサラ天は過去に人気だった天ぷらが復刻。ジャガイモは噛むだけでやわらかくくずれ、かし、サラダ全体はしっかりしたまとまりがあり、コショウの風味もきいた絶妙のしあがり。こちらを口にすると洋食らしさを感じます。

てんや「すて~きなビーフ天丼」
ポテサラ天も復刻!

キャロット天は芯までやわらかく簡単に噛み切れ、かつ甘味がしっかりあって、よくステーキのつけあわせになるキャロットグラッセのよう。インゲンも甘味があって、よいアクセントになります。

てんや「すて~きなビーフ天丼」
野菜天は甘味があってつけあわせにぴったり

ビーフ天はステーキ風か焼肉風か、評価は分かれるところかもしれませんが、いずれにしてもミスジを天ぷらで食べる機会はなかなかないと思いますので、興味がある方はぜひお試しを。